アメリカで原爆投下の正当化がメッセージの『反日書』が全米50万部のベストセラーに

記事まとめ

  • 米国『Killing the Rising Sun』が約3か月で50万部に達するベストセラーとなっている
  • この本の基本メッセージはシンプルで、原爆投下の正当化なのだという
  • これら記述は“アメリカの本音”とも見られ、広島訪問のオバマ氏への批判もあるようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております