放し飼いのシェパード2頭が少女を殺す、恐怖の一部始終

放し飼いのシェパード2頭が少女を殺す、恐怖の一部始終

犬の管理がルーズ過ぎる

 中国河北省保定市曲陽県で11月下旬、9歳の少女が小学校に通う途中の農道で、2頭のシェパードに首や頭など数カ所を噛まれた。少女は病院に運ばれたが、出血多量などで死亡した。飼い主は近くの農民の男性だったが、いつも放し飼いにしていて、少女を襲ったことに気が付かなかったという。警察では犯罪事件として、飼い主の男性を調べている。地元紙 『燕趙都市報』が報じた。

 中国では放し飼いの犬に襲われて死傷する事件が多発しており、年間100件以上報告されており、今年7月には上海在住の日本人女性も被害に遭っている。中国ではペットを飼う人口が増えているが、放し飼いや糞尿の放置、予防接種を受けさせないなど飼い主のマナーが問題視されている。

 少女と同じく通学中だった男子小学生の話では、急に2頭のシェパードが現れて、1頭は猛烈なスピードで走ってきて高くジャンプして少女の首に噛みついて、放さなかったという。

 もう1頭も少女の後ろからジャンプして頭を攻撃したため、男子小学生は石を投げてシェパードを追い払おうとしたが、逆に吠えるなどして威嚇されたため、その場から逃げた。そこで、通学中の少女の姉を見つけ、状況を説明したという。

 姉も現場に駆けつけて、石を投げるなどして、シェパードを追い払おうとしたが、やはり吠えられて怖くなり逃げだして、自宅に戻って両親に相談。ともに、現場に戻ったところ、シェパードはいなくなっていたが、少女は首や頭などから血を流して倒れていたという。両親らはすぐに病院に運んだものの、すでにこと切れていた。

 地元住民の話では、少女はシェパードに50メートルも引きずられていたという。地元警察は飼い主の男性を突き止め、過失致死などの疑いで男性を調べている。

 また、今年7月、上海在住の30代の日本人女性が放し飼いにされていた大型犬に襲われて手を噛まれ、10センチ以上の傷を負うという事故があった。

 さらに、昨年5月には湖南省の大学で、自宅に戻る途中の女子大生が放し飼いの犬4匹に襲われて死亡する事故が起きている。また、昨年10月には、甘粛省酒泉市で6歳の少年が放し飼いの犬にかまれて、頭に重傷を負い、頭部を縫い合わせるなどの10時間以上の大出術を受け、一命をとりとめている。

 このほか、飼い犬を放置していた飼い主が裁判で有罪判決を受け服役した例も報告されている。2014年には貴州省遵義市で、アルゼンチン原産の狩猟犬、ドゴ・アルヘンティーノ2頭が男性市民を襲い死亡させてしまう事件が発生。飼い主は犬の管理がルーズだったとの理由で逮捕、裁判で懲役2年の刑を受けている。

関連記事(外部サイト)