中国がここ10年で開発途上国を対象に"爆援助"を展開も、9割が有償借款に

記事まとめ

  • 中国は、ここ10年ほどでカンボジアなど開発途上国を対象に「爆援助」を展開している
  • 大部分が無償援助である日本に対し、中国の援助は9割が有償借款、つまり借金になる
  • 中国企業の工事は安価だが、すぐに劣化し結果的に高くつくとの指摘もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております