アフガン支援に人生捧げた中村哲医師 なぜ悲劇は起きたのか

アフガン支援に人生捧げた中村哲医師 なぜ悲劇は起きたのか

アフガニスタンの首都カブールでの追悼集会(AFP=時事)

 アフガニスタンや日本だけでなく、世界中からその死を悼む声があがっている。12月4日、アフガンで人道支援に取り組んできた日本人医師の中村哲氏(73)が現地を移動中に銃撃され、死亡した。同国で長期にわたり取材活動を続けた報道カメラマンの横田徹氏も、中村医師の活動を間近で見続けた一人だ。横田氏が思いを綴る。

 * * *
 突然の訃報に驚きを禁じ得ない。長い戦乱が続くアフガニスタンで現地住民のために農業支援や医療支援を行うNGO「ペシャワール会」の現地代表・中村哲医師が殺害された。

 報道によると、中村医師は2002年頃から活動拠点にしていたアフガン東部のジャララバードを車で移動中、自動小銃を持った男らに襲撃され、同乗していた運転手や警備員ら5人とともに殺害されたという。

 犯行の手口をみると、中村医師の襲撃は用意周到に計画されたものだったことがわかる。犯人らはその時刻にその場所を中村医師が通ることがわかったうえで待ち伏せし、警備員に反撃する間も与えないほどのスピードで襲撃した。身代金目的の誘拐などではなく、初めから中村医師を殺す目的だったのだ。

 私自身、中村医師と直接の面識はないが、かつてペシャワール会の日本人スタッフを取材した経験があり、その理念や活動ぶりに深い感銘を受けていた。

◆砂漠を緑の大地に変えた

 中村医師が何よりも大事に考えていたのは、現地の生活習慣や伝統文化を理解したうえでアフガン国民と接することだった。治安回復や復興支援のため、米軍を始め世界中から様々なNGOがアフガンにやってきて活動しているが、その多くは欧米流の価値観や効率的な方法を押し付けてしまうため、活動が現地で受け入れられることは難しい。

 特にアフガン東部、パキスタンと国境を接するパシュトゥン人が多く住むエリア(中村医師の活動拠点ジャララバードを含む)は、伝統に根差した生活文化を重んじる傾向が強いことで知られる。“客人”と認められれば厚く歓待されるが、しきたりを無視して土足でズカズカ入り込むような“よそ者”は受け入れられない土地柄なのだ。

 そうした文化背景を持つ土地で、中村医師は彼らのことを理解し、現地の人々の歩調に合わせるようにして農業指導に取り組んでいた。私の印象では、彼らの流儀と日本人の文化や価値観が互いに通じ合える部分を見つけては、一緒にプロジェクトを作ってきたように思える。

 その結果、中村医師が指揮して現地スタッフらと掘った井戸は1600本、農業向けの灌漑用水路は13本に上る。そもそも医師である中村氏は、農業や土木の専門家ではない。それでも自ら先頭に立ち、砂漠だった土地を緑の大地に変え、戦乱や旱魃、貧困に苦しんでいたアフガンの人びとに、実りをもたらした──。

 30年近く、アフガン復興のために人道支援活動を続けてきた中村医師が、なぜ今、殺されなければならなかったのか。

◆ターゲットに変わった遠因

 私自身、アフガニスタンには2001年「同時多発テロ」発生以前から紛争取材などで何度も現地入りしている。同じく戦乱が続くイラクやシリアなどと比べても、アフガン滞在中は“治安に対する意識を一段と高めなければ生還できない”危険な地域であると認識している。

 前述したように、パシュトゥン人が多く住むエリアは “よそ者”に対する警戒心が特に強いことから、同じアフガン人のタジク系やハザラ系でさえ、そこに足を踏み入れるのを躊躇するほどだ。外国人ともなれば、余計に目立ってしまう。

 私がパシュトゥン人地域で長期取材をする際には、決して目立たないようにホテルには泊まらず信頼するコーディネーターの家に潜み、髭を生やし現地で調達した衣服に身を包んで、車で移動の際も身を晒さないようにして外国人だとわからないような配慮が必要だった。

 もちろん、中村医師も私以上の注意をしながら活動していたはずだ。ここ最近の治安の悪化についてご自身も語られていたという。

 実は最近、アフガン社会に根差した活動をしてきた中村医師を取り巻く状況に、ある変化が起きていた。2018年2月にアフガン政府から勲章を、今年10月にはガニ大統領から「名誉市民権」を授与されたのだ。私はそのことが、中村医師が卑劣な犯行の“ターゲット”になった遠因ではないかと考えている。

 現在もアフガニスタン全域で武装組織タリバンや「イスラム国」(IS)の関係組織が跋扈し、首都カブールでは、タリバンによる自爆テロが相次いでいる。ガニ大統領に反目する勢力もあるだろう。

 にわかには受け入れがたいが、アフガニスタン国内で外国人が有名になるということは、そうしたテロの標的になりやすいことを意味するのだ。政治テロの実行犯は、犯行のインパクトや標的のネームバリューを重視する。国連スタッフや現地大使館が標的になるのも同じ理由からだ。

 中村医師を襲った悲劇の背後には、そうした事情があるように思えてならない。

◆中村医師の志を継ぐべきは…

 2005年から2011年まで、ペシャワール会現地派遣ワーカーとして中村医師とともにアフガンで井戸や用水路を掘り続けた杉山大二朗氏によると、近年は現地に定期的に渡航しており精力的に活動していたという。

「高齢になったこともあり、中村先生は自分がいなくなった後もアフガン人の現地スタッフが事業を継続できるように、用水路の工法から維持管理の方法までを書いた教科書を作成していたそうです。

 2008年に同僚だった伊藤和也さんが殺害された後、何とか事業を継続して節目を迎えた2011年、アフガンに残ると希望した私に中村先生は、『若い君には人生まだまだ先がある』と日本へ帰るよう言いました。現地で活動するのは先生だけで大丈夫だろうかと思っていましたが、その先生がいなくなってしまうなんて……」

 杉山氏はそう声を詰まらせた。中村医師は現地の危険を十二分に理解し、将来ある若い日本人スタッフをこれ以上犠牲にはできないと判断したのだろう。

 私も経験したように、アフガンはまるで中毒のように離れがたい気持ちになる不思議な国だ。一度、あの地に足を踏み入れると、そこでの人間関係の構築や身を守る危機管理など、自分が持つすべての能力が試される状況が連続して発生する反面、他では得難い出会いや経験が待っている。おそらく中村医師も、アフガンのそうした魅力に取りつかれた一人だったのではないだろうか。

 中村医師が目指したのは、アフガンの人びとが水を飲めるようになり、食料の自給自足ができることだった。危険を顧みず、自分の人生の全てをアフガンの人々の為に費やすことなど中村医師以外の誰ができるだろうか。

 私は、今こそJICAなど日本政府が中村医師の遺志を継ぐべきだと考える。労働者の育成や、用水路は定期的なメンテナンスが必要になる為、これまで以上に、現地スタッフへの支援体制を充実させ、アフガンの復興に貢献してほしいと願う。中村医師が亡き今、我々は決してあなたたちを見捨てないという想いを伝えるために。

【プロフィール】よこた・とおる/1971年茨城県生まれ。1997年のカンボジア内戦からカメラマンとして活動開始。アフガニスタン、イラク、シリアなど世界の紛争地を取材。著書に『戦場中毒』(文藝春秋刊)がある。

関連記事(外部サイト)