今年で15回目、チョコ缶の絵に込められたクルドの女の子の夢

今年で15回目、チョコ缶の絵に込められたクルドの女の子の夢

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師は長年、日本でだけでなく、チェルノブイリやイラク、シリアなどへの医療支援活動も続けている。鎌田医師が代表と事務局長をつとめるJIM-NETでは2004年に結成された翌々年、2006年から毎年、11月中旬〜1月末頃に「チョコ募金」を行ってきた。15回目を迎えた「チョコ募金」の缶に込められたメッセージについて、鎌田医師がつづる。

 * * *
 ようやく沈静化しかかった中東に、再び不穏な空気が漂っている。

 トルコ軍が、クルド人の多いシリア北部を攻撃した。きっかけは、10月6日に行なわれたトルコのエルドアン大統領と米国トランプ大統領の電話会談だった。

 クルド人は、約3000万人がトルコやシリア、イラク、イランなどにまたがって暮らしている。自らの国家をもたない最大の民族といわれ、独立を悲願としている。

 先の、テロ組織「イスラム国」との闘いでは、アメリカをはじめとする有志連合国の後押しで、クルドの武装勢力YPG(クルド人民防衛隊)が大きな役割を果たした。この見返りに、今度こそ独立できるのではないかとの機運が高まったが、突然のアメリカの撤退で、はしごを外される形となってしまったのだ。

 トルコ側からみれば、トルコ国内やシリア北部のクルド人が分離独立しては困るのだろう。そんな思惑をもつアメリカとトルコ。NATO(北大西洋条約機構)の一員であるにもかかわらず、勝手にパワーゲームに走り、再び中東を混乱させようとしている。これに対して、フランスのマクロン大統領は、「NATOは脳死状態に陥っている」と危機感を募らせた。

 心配なのは、「イスラム国」のテロが再燃することだ。シリア国内には、「イスラム国」兵士が1万2000人いると推測されている。彼らのキャンプを管轄していたYPGが、今回の攻撃で機能しなくなれば、テロリスト集団が野に放たれる可能性も出てくる。すでにシリア北東部で捕らえられていた「イスラム国」兵士750人が脱獄したという。

◆イラク国内避難民のクルド人少女

 それにしても、またもやクルド人か……と、ぼくは悲しい気持ちになった。

 ぼくたちJIM-NETは「イスラム国」が台頭してからイラクに逃れてきたシリア難民や、イラク国内避難民の支援をしてきた。そのなかにはクルド人も多い。

 2014年、「イスラム国」が、クルド人でヤジディ教徒が暮らしているシンジャール山を攻撃した。5000人のヤジディ教徒を拉致し、若い女性を性奴隷にしたりした。そのとき、シンジャール山から抜け出し、国内避難民となったナブラスという少女がいた。彼女は悪性のユーイング肉腫だった。

 ドホーク郊外で家族とともに暮らす彼女を訪ねることにした。ろくに食べていないと聞き、日本から持っていった乾燥麺があるので、食堂でスープだけ用意して持っていこうと決めた。そこで、地元の食堂のオヤジさんに相談すると、「日本人はそんなことまでしてくれるのか」と驚かれた。

 翌日、待ち合わせ場所に、オヤジさんはトラックいっぱいに料理を積んで現れた。オヤジさんの心意気にぼくたちもうれしくなって、ナブラスのところに料理を持っていったのを思い出す。

 それから1年後。「イスラム国」がシンジャール山から撤退したというニュースが流れた直後、ぼくは再び、彼女を訪ねた。彼女の肉腫は体中に広がっていた。

「ふるさとに帰れるぞ」と話しかけると、ナブラスはニコッと笑った。

「帰ったら、何したい?」

 そう尋ねると、消え入りそうな声でこう言った。

「学校に行って、勉強がしたい」

 ささやかな夢だなあ、と思った。何とかかなえてあげたかったが、2週間後、ナブラスは14年の生涯を閉じた。

◆15回目のチョコ募金に込められたメッセージ

 今回のトルコ軍の侵攻によって、20万〜30万人の難民が発生した。このうちの約1万4000人がイラクに入ったといわれている。その大半の1万2000人が、北イラクのバラダルシュキャンプに流れ込んできた。

 JIM-NETの事務所は、北イラクのアルビルにある。すぐに、スタッフのリームをバラダルシュキャンプに派遣した。リームも、シリアから逃れてきた難民だ。看護学生だったということでJIM-NETのスタッフとなり、ダラシャクラン難民キャンプで妊産婦や生まれてきた子どもたちの栄養管理、安全な出産に向けてのサポートをしてきた。彼女自身も、難民の男性と結婚し、1人の子どもに恵まれている。

 リームがバラダルシュキャンプで撮影してきた写真を見ると、小さな子どもや妊婦が目立った。この後、リームはシリア国内に入って、避難を余儀なくされているクルド人の調査も行なう予定だ。その報告をもとに、JIM-NETとしてどんな支援ができるか検討していこうと思っている。

 ナブラスは生前、赤い葉っぱのポインセチアの絵を描いてくれた。その絵は、チョコレートの缶にプリントされ、2016年のチョコ募金のときに使われた。

 JIM-NETでは毎年、チョコ募金を行なっている。今年は15回目の節目。これまでのチョコ缶のなかから、人気投票で人気の高かったもの4点を復刻版にした。ナブラスの絵も、その一つに選ばれている。

 北海道の菓子メーカー、六花亭には原価で協力していただいている。今年は14万個用意した。1缶550円で買っていただくと、約310円がイラクやシリア、福島の子どもたちの支援に使われる。

 また、今年5月にオープンした小児がんの子どもと家族のためのJIM-NETハウスが好評で、第二ハウスの建設を準備中である。外務省の「日本NGO連携無償資金協力」から助成も受けているが、JIM-NETでも資金を集めたいと奮闘している。

 日本にいると、イラクは遠い世界のことかもしれない。しかし、経済においては意外に近い。イラクは原油埋蔵量が世界5位。トランプ政権の意向を受けて、イランからの輸入が難しくなるなかで、イラクとよい関係を築くことは大事なことなのだ。

 手のひらに乗る小さなチョコ缶だが、いろんなメッセージを込められる。ぜひ、チョコ募金の協力をお願いしたい。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。チョコ募金の申し込みは以下URLよりメールフォームで(https://www.jim-net.org/choco/)。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事(外部サイト)