金正男氏の暗殺を契機に中朝関係が悪化 中国が『金正恩体制崩壊』の容認を検討も

記事まとめ

  • 金正男氏の暗殺を契機に、中国は北朝鮮産石炭の輸入禁止に踏み切り、北朝鮮は猛反発
  • 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は「汚らわしい処置」と露骨に対中批判し、極めて異例という
  • 習近平指導部は『金正恩体制崩壊』を容認する対北政策の大幅な転換を検討しているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております