米イラン衝突を招いたトランプ大統領の「ミルグラム効果」

米イラン衝突を招いたトランプ大統領の「ミルグラム効果」

イランの報復攻撃への対応は…?(AFP=時事)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、報復攻撃も開始され、一気に状況が緊迫するアメリカ・イラン情勢について考察。

 * * *
 日本時間の8日朝、ついにイランの報復攻撃が始まったアメリカとイランの対立。その要因を紐解いてみたい。

 イランの革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が、イラクで米軍の空爆によって殺害されたことを受け、ドナルド・トランプ米大統領は3日、記者会見で「われわれは昨夜、戦争を止めるために行動を起こした」と神妙な面持ちで述べた。

 これまで何度もばかげた戦争はしないと述べていただけに、「戦争を始めるために行動を起こしたのではない」と改めて自身の行動を正当化。殺害した理由を、昨年末31日にイラクのアメリカ大使館が攻撃を受けたことと、自国の外交官や軍人への攻撃を計画していたためと説明。

 ツイッターでも、ソレイマニ司令官をテロリストとして「何年も前に排除されるべきだった」と述べ殺害を正当化。米政府は実際、昨年4月、革命防衛隊を外国テロ組織に指定していた。

 米大使館襲撃以前にもイランは、昨年6月に米軍の無人機を撃ち落とし、9月にはサウジアラビアの石油施設を攻撃、12月にはイラク北部を攻撃し米国の民間人1人が死亡、米軍兵士4人が負傷していた。米国内では度重なるイランからの攻撃に対し、何ら行動を起こさない大統領を「弱腰」と非難する声が大きくなっていたこともある。

 トランプ大統領にとっては、自身の決断を正当化する理由が次々に出てきたことで「殺害の合理化」が行いやすくなったのだ。「合理化」とは自我を守るための防衛機制の1つで、自分の行動や考えを都合のよい言い訳や言い逃れ、理屈で正当化することをいう。

 これまで、米国とイランの間で緊張が次第に高まる中でも動かなかったトランプ大統領だが、大使館襲撃によりイランへの攻撃を自身の内で合理化する条件がついに揃ったのだろう。イランの英雄と呼ばれる司令官の殺害という、世界中に強い衝撃を与える形で報復を行った。

 ツイッターによる過激なメッセージの配信、メキシコ国境の壁の建設、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との直接会談などを見ても、最も効果的でインパクトが強く、誰も考えないようなやり方で、世界に自身の力を見せつける方法を選択するのがトランプ流だ。

 米国防総省はトランプ大統領の指示により「ソレイマニ司令官を殺害することで、在外米国人を守るための断固とした防衛措置をとった」と声明を出したが、最も極端な選択肢として自分たちが提示したこのプランを、まさか大統領が選択するとは想定していなかったと米メディアは報じている。

 大統領の決断に衝撃を受けながらも、それに従った背景にあったのは「ミルグラム効果」かもしれない。ミルグラム効果とは権威者に命令されると、たとえおかしいと思ってもそれに従ってしまう心理的傾向のことだ。人はある状況において、自分が権威だと認めた相手からの命令や指示は絶対的に正しいと考えてしまう傾向がある。そのため、命令した権威者に対して責任は感じるが、命令や指示を実行すること自体には責任を感じなくなるというのだ。ナチスドイツの虐殺行為が行われた一因といわれるが、日常においても状況によって、どのような人にでも起こりうる心理的傾向である。

 ソレイマニ司令官殺害は米国にとって正しい選択とトランプ大統領が定義づけることにより、今回の行為はトランプ支持派らにとってより受け入れやすく、強いアメリカを印象づけることになった。

 報復攻撃に先立ってイランの最高指導者ハメネイ師は「厳しい報復を受けることになる」と声明を出し、ロウハニ大統領も「イランは疑いもなく反撃する」と発表。一方、トランプ大統領は米国や米国民を攻撃すれば「イランの52か所を標的にする」とツイッターに投稿していた。公約の多くを実現させてきたトランプ大統領だけに、有言実行の可能性は高い。

 もしそうなれば、米国内ではトランプ大統領によるミルグラム効果がさらに増幅増長されるだろう。対立が激化する米国とイラン情勢もトランプ大統領にとっては力を誇示できるカードの一枚なのだろうが、その切り方をどうか間違えないでほしいと願うばかりだ。

関連記事(外部サイト)