ゴーン氏の会見始まる、現場にキャロル夫人の姿も 現場報告

日産元会長カルロス・ゴーン氏の会見が8日22時開始 会見現場にはキャロル夫人の姿も

記事まとめ

  • 日産の元会長カルロス・ゴーン氏の会見が、8日22時(現地時間:同15時)に始まった
  • 多くのカメラマンが前方に殺到、後方のカメラマンからは「Don’t move!」の怒号も
  • ゴーン氏は会見前、笑顔も見せていた。現場にはキャロル夫人の姿もあった

ゴーン氏の会見始まる、現場にキャロル夫人の姿も 現場報告

ゴーン氏の会見始まる、現場にキャロル夫人の姿も 現場報告

会見にキャロル夫人の姿もあった

 レバノンに出国した日産の元会長カルロス・ゴーン氏の会見が、日本時間1月8日22時(現地時間:同15時)から始まった。

 会見場内に入った週刊ポスト・NEWSポストセブン合同の取材班ら120人ほどの報道陣が待つ中、ゴーン氏が会見の10分ほど前に現場に登場すると、会見場は騒然。多くのカメラマンが前方に殺到し、後方のカメラマンからは「Don’t move!」の怒号も飛んだ。

 ゴーン氏は会見前、笑顔も見せていた。現場にはキャロル夫人の姿もあった。キャロル夫人は最前列に座って、あまり頭を動かすこともなく、夫が熱く話すのをじっと見つめている。

関連記事(外部サイト)