ヘンリー夫妻だけじゃない 英王室史に残るお騒がせ王族たち

ヘンリー夫妻だけじゃない 英王室史に残るお騒がせ王族たち

エリザベス女王は2人の希望を「全面的に支持する」と声明を出した(AFP=時事)

 英国のみならず、世界中を驚かせたヘンリー英王子とメーガン妃の高位王族「引退」宣言。メーガン妃をめぐっては、エリザベス女王やキャサリン妃との関係など、さまざまな話題が報じられてきた。さらに英王室の歴史を紐解くと、ヘンリー夫妻以上のお騒がせエピソードが満載である。歴史作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 最近の英国は話題に事欠かない。ブレグジット問題が一山越えたかと思えば、今度は王室から騒動が持ち上がった。発火点はチャールズ王太子(*注)の次男ヘンリー王子とメーガン妃である。

【*筆者注:チャールズ王太子/日本では「チャールズ皇太子」と報じられるのがお決まりと化しているが、皇帝の世継ぎではなく国王の世継ぎなのだから、やはり正確を期して、「王太子」とすべきであろう】

 そのヘンリー夫妻が、去る1月10日、「高位王族」の役割から退き、経済的な自立に向けた取り組みを始め、今後は一年の半分をカナダで過ごすといったことを意思表明した。女王エリザベス2世やチャールズ王太子の承諾を得ずに発表したために、王室内はもちろん、英国中が大騒ぎとなった。

「高位王族」とは、王位継承順位が上位で、様々な特権を享受しながら義務にも縛られる存在のこと。ヘンリーの王位継承順位はチャールズ王太子、兄のウィリアム王子、ウィリアムの長男ジョージ、同長女シャーロット、同次男ルイに次いで6番目となる。

 つまり、ヘンリーに英国の王位が巡ってくる可能性は極めて低い。モチベーションを維持する材料がない現状では、ヘンリー夫妻が思い切った発表に踏み切った気持ちもわからないではない。

 もはや、英国王室メンバーの結婚や恋愛にまつわる騒動は英国民の日常と化している。エリザベス2世の代に限っても、妹のマーガレット王女、長男チャールズ、長女アンがそれぞれ話題になった。

 だが、歴史をさかのぼれば、英国王室にはその恋愛や結婚が世情を騒がし、国の行く末までを左右した王族がたくさんいる。ここでは代表的な2人を紹介したい。

 一人はエリザベス2世の伯父で、二代前の国王であったエドワード8世(1894-1972)である。日本のワイドショーでヘンリー王子夫妻の引退が報じられる際も、「王冠をかけた恋」として何度も登場したので、知っている方も多いだろう。

 周囲から恋多き男性として知られたエドワード8世であったが、王太子時代にアメリカ人女性ウォリス・シンプソン夫人と恋に落ちた。しかし、人妻との結婚が許されるはずもなく、エドワード8世は独身のまま即位した。

 即位後もウォリスを諦めることができなかったエドワード8世は、ほどなくして王冠を取るか彼女を取るかの二者択一を迫られることに。迷わず後者を選んだ彼は、英国王室を後にした。退位宣言が発せられたのは1936年12月11日で、即位から一年も経たずしてのことだった。

 もう一人のヘンリー8世(1491-1547、在位は1509-1547)はカトリックからの独立を図り、英国国教会を築いた人として歴史に名を刻んでいる。だがその動機は、はなはだ政治的かつ個人的なものだった。

 国王が戦場で指揮をとる機会があるかもしれないという理由から、複数の男子後継者を求めたことが、ヘンリー8世による騒動の根本原因だった。

 子供を産まない夫人、もしくは女子しか産まない夫人とは別れ、新しい夫人を迎えたいと思っても、カトリックでは離婚が禁止されている。離婚をするためには、先の結婚が無効であったことを教皇に公認してもらう必要があった。

 ところが、ヘンリー8世の最初の夫人キャサリンはハプスブルク家の出身で、ときの神聖ローマ皇帝の伯母にあたった。当時ローマは皇帝軍の管理下にあったから、教皇といえども神聖ローマ皇帝の意向に反する行為はできない。

 すでに次の夫人に決まっている女性が臨月に近づいており、離婚しなければその子は庶子扱いで、王位継承権を得られなくなってしまう。焦燥に駆られたヘンリー8世は、やむなき選択としてカトリックからの独立を選び、それからは独自の教会のもと、5回も離婚と再婚を繰り返したのだった。

 ヘンリー8世やエドワード8世の先例に比べれば、ヘンリー王子夫妻の騒動はまだ可愛いほうかもしれない。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。

関連記事(外部サイト)