ゴーン氏逃亡9日前の証言「私はムッソリーニではない」

【カルロス・ゴーン被告が海外逃亡】逃亡9日前に取材を受け、独裁者のイメージを否定

記事まとめ

  • カルロス・ゴーン被告は日本を出国する9日前に週刊ポストの直接取材を受けていた
  • ゴーン被告は独裁者のイメージを否定し「私はムッソリーニではない」と主張した
  • さらに、日産自動車の業績低下を指摘し、西川前社長の恐怖から騒動が起こったと述べた

ゴーン氏逃亡9日前の証言「私はムッソリーニではない」

ゴーン氏逃亡9日前の証言「私はムッソリーニではない」

週刊ポストは逃亡直前に接触していた(写真はレバノンでの単独インタビュー時)

 レバノンの首都・ベイルートでの会見(日本時間1月8日)で、世界に向けて自らの考えを表明した日産元会長のカルロス・ゴーン氏。日本を出国した12月29日から遡ること9日前、本誌・週刊ポストはゴーン氏に対して直接取材交渉を行なっていた。場所は同氏が保釈生活を送っていた東京都港区の住居である。

 2階のリビングに現れたゴーン氏は濃厚のジャケットにノーネクタイのワイシャツ姿。ゴーン氏は今後取材を受けるかどうかを検討する前提として、自身の主張を述べ始めた。

 以下は、あくまでその打ち合わせのやり取りではあるが、今から振り返ると出国に至る彼の心情が現われているように感じられた。出国後のゴーン氏の主張を読み解くうえで、重要となる部分の肉声を紹介する。

「私は17年間経営者として日産を導いてきた。業績を上げた、ブランド価値を上げた。それなのに、今では強欲、傲慢な独裁者としてのイメージばかりになってしまった。新聞には日産と検察が作ったイメージの私しか載っていない。しかしそれは間違っている。私は日本人でなく、日本語もできず、その状態で日本に来て努力してきた。経営者としての決断は確かにしてきたが、それが独裁なのか? 私が(イタリアの独裁者)ムッソリーニのような立場なら別だが、日産は独裁が許されるような体制ではない」

 通訳が終わるのを待つことなく、間髪入れずまくし立てる。

「私がいなくなったあとの日産は、どんどん業績が下がって、元の日産に戻ってしまった。トヨタやホンダと比べれば、日産だけが落ち込んでいるのがよくわかる」

──なぜこんなことになったと思うか。

「恐怖から起きたことだ。仕事を失うことの恐怖、合併されることの恐怖。西川(廣人・日産前社長)がCEOに就任してから、業績は低迷していた。このままでは解任されると彼は思ったのだろう。

 そのほかの日産の人間も、私がルノーに日産が吸収合併される地固めをしているのではないかと疑っていたようだ。実際には私は、日産とルノーはアライアンスを維持するべきだと思っていたし、そのためにフランス政府とも交渉してきたのだが。私が日本に来た1999年当時も、日産の幹部にはルノーに合併される恐怖があった。彼らは業績がいい時は黙っていたが、日産が低迷してから、そうした恐怖が再び蘇ったのだろう」

──予兆に気付かなかったのか。

「全く気付かなかった。私は人の心を読めなくなっていたのかもしれない」

──日本について今、率直にどう思っているか。

「いろんな日本を見てしまい、複雑な気持ちだ。良い面も悪い面も。私にとって信頼できる政治家は小泉(純一郎・元首相)さんだった。彼は裏表がなく、決断もできる。しかし、他の政治家たちはそうではない」

 面会が予定の1時間に迫ろうとする頃、ゴーン氏の次女が帰ってきた。クリスマスを前にゴーン氏の元を訪れていたのだという。「夕食はピザを取る」といった他愛もない会話を交わすと、それまでの険しい表情から打って変わって柔和な“父親の顔”になり、トレードマークの眉も下がる。しかし彼女の姿がなくなると、

「娘には会えるが、保釈条件で妻や息子には会うことすらできないんだ」

 寂しそうにそうつぶやいた。感情の“揺らぎ”が垣間見えた瞬間だった。

 インタビューを検討するにあたってゴーン氏側の要望は、「私が無実であることを、4月に始まるであろう裁判に合わせて訴えていきたい」とのことだった。どのような取材ならば可能なのか、年明けの1月10日に改めて話し合うことになっていた。

 別れ際、「よいクリスマスを。新年に会えるのを楽しみにしている」と手を差し出すと、「ありがとう」と力強く握り返したゴーン氏。しかし再会の場所は日本ではなく、レバノンになった。本誌取材班はレバノンで記者会見会場入りが許された3つの日本メディアのうちの一つだった。

※週刊ポスト2020年1月31日号

関連記事(外部サイト)