文在寅大統領が17年8月15日の演説で『反日時限爆弾』を仕掛けていたと指摘

記事まとめ

  • 日韓関係が『史上最悪』と言われるまで悪化した理由をケント・ギルバート氏が解説した
  • 文在寅大統領は17年8月15日の演説で『反日時限爆弾』を仕掛けていたという
  • この演説によると、1919年以降の日本統治はすべてが『不法行為』になりうるらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております