韓国人店員「金払いいいがマナー悪い中国人、本心では嫌い」

韓国人店員「金払いいいがマナー悪い中国人、本心では嫌い」

社員旅行で韓国を訪れた中国人(写真はイメージ) YONHAP NEWS/AFLO

 韓国のシンクタンク「峨山政策研究院」が今年3月下旬に発表した調査では、韓国人の「嫌いな国」で中国が日本を抜いて2位に浮上した(1位は北朝鮮)。最大の理由は、韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に対する中国の“経済報復”への反発である。

 中国政府はTHAAD配備が決まると韓国行きの団体旅行を全面的に禁止するなど、数々の制裁を行った。

 ある推計では、今後韓国を訪れる中国人観光客は最大60%減少し、韓国が被る損害は最大1兆6200億円に達する。中国人の爆買いに依存してきたソウルの繁華街・明洞からは悲痛な声があがる。

「すでに売上が前年同月比で4割落ちた。中でも中国人に人気のコスメショップや飲食店は大打撃で、多くの店が従業員の給料を下げたり解雇に踏み切ったが、それでも資金繰りに窮して廃業に追い込まれた店がある」(雑貨店スタッフ)

 経済危機が広がる一方、「中国人がいなくなってせいせいした」との声も多い。

「泥酔して店で騒ぐ中国人グループを注意したら大声で悪態をつかれ、クチャクチャに丸めた紙幣を投げつけられた。成金の中国人に見下されるのは心が痛み、彼らが消えると本当に嬉しい」(飲食店店員)

「彼らはどこでも大騒ぎして禁煙エリアでも平気で喫煙する。金払いがいいから我慢するが、本心ではマナーの悪い中国人を韓国人は嫌っている」(免税店店員)

 昨年から今年にかけトラブルが多発したのが中国人観光客に人気の観光地・済州島だ。今年3月、中国人乗客約3400人を乗せた国際クルーズ船が済州島に入港したが、中国政府による韓国旅行禁止を慮った運営側が「済州島に降りるな」と乗客に通告。結局、船は港に4時間留まり、ゴミ2tを降ろして出航した。

 今年2月には、済州島の空港で中国人観光客が免税品の袋をところ構わず捨てる様子が韓国で報じられた。

「捨てられたビニール袋でフロアはゴミの山。怒った韓国人から『ごみの不法投棄は犯罪だ』『中国人観光客の取り締まりを強化せよ』との声が寄せられました」(韓国人ジャーナリスト)

 済州島では2016年9月、飲食店に酒を持ち込んで咎められた中国人観光客8人が店の女性店長を暴行、大けがを負わせた。同年2011月にも午前4時に飲食店で酒を注文した中国人が従業員に「閉店です」と告げられて逆上、従業員を殴る事件が発生している。

 相次ぐトラブルに韓国のネットでは、「中国人が来られないようにしてほしい」「済州島は中国領なのか」との怒りの声があふれた。

※SAPIO2017年6月号

関連記事(外部サイト)