長寿国をめぐる「日韓戦」は実に健康的で健全な戦い

長寿国をめぐる「日韓戦」は実に健康的で健全な戦い

長寿国をめぐって激しく健全なバトル

 今年2月、世界的に権威あるイギリスの医学誌『ランセット』に衝撃的な論文が掲載された。

 英公立研究大学「インペリアル・カレッジ・ロンドン」と「WHO(世界保健機関)」が世界35か国の寿命などを調査・分析。その結果、2030年に韓国が「世界一の長寿国」になると予測したのだ。男性は84.07歳で、女性は90.82歳だ。

 一方、「長寿大国」としてランキングトップに長く君臨してきた日本は女性(88.41歳)が韓国、フランスに追い抜かれ3位。男性(82.75歳)は現在の5位から11位に転落すると予想されている。

 千葉大学予防医学センター教授の近藤克則氏は、日本の平均寿命の延びを鈍化させる要因として「健康格差」を挙げる。

「今のままでは貧困層や未婚者が増えると予想されます。とくに子供の相対的貧困率はOECD(経済協力開発機構)加盟35か国中で10番目に高い。子供の貧困問題の影響は50年後の高齢期にまで及ぶという研究結果もあり、日本は将来的な健康格差拡大のリスクを孕んでいます。

 低所得者ほど病気になる確率は上昇し、それは死亡率にも表われています。かつて65歳以上で要介護認定を受けていない人を4年間追跡調査したところ、その間に死亡した男性は高所得者(年間所得が300万円以上)が11.2%だったのに対し、低所得者(同150万円以下)が34.6%でした。実に3倍もの開きがあったのです」

 このまま日本は短命国になるのか。長寿のための生活習慣指導などを診察に取り入れている秋津医院院長・秋津壽男氏は、こう釘を刺す。

「日本の平均寿命が頭打ちになっているのは事実でしょうが、下がっているわけではない。“高止まり”しただけです。重要なのは健康でいられる期間を表わす『健康寿命』です。

 いくら長生きしても、病気で寝たきりだったら意味がない。2013年の『健康寿命』で見ると、韓国は9位(男性68.26歳、女性72.05歳)ですが、日本は1位(男性71.19歳、女性74.21歳)。日本より韓国のほうが平均寿命との差が大きい点は見逃せません」

 長寿国をめぐる日韓戦は、実に健康的で健全な戦いである。

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)