THAAD配備韓国・星州はヘリパッド工事の沖縄・高江と瓜二つ

THAAD配備韓国・星州はヘリパッド工事の沖縄・高江と瓜二つ

韓国中南部・慶尚北道の星州郡を訪れた古谷経衡氏

 北朝鮮のミサイル実験後の東アジア情勢の混沌を反映するように、THAAD(サード)ミサイルシステム設置を巡る韓国と各国の軋轢は深まっている。著述家の古谷経衡氏が、設置場所である星州を訪れた。

 * * *
 グレゴリー・ヘンダーソン曰く、「フランスにおけるパリがそうであるように、ソウルは朝鮮最大の都市であったばかりでなく、朝鮮自身でもあった」(『新・韓国現代史』文京洙、岩波新書)。という訳で、半島情勢を知るにはまずソウル見分が肝要である。しかし今回私の渡韓の目的は同国大統領選挙の結果、文在寅氏が当選した直後のソウル市の空気感ではなく、折しも大統領選挙でも争点のひとつになった韓国中南部・慶尚北道に設置された在韓米軍のサード設置場所である、同星州郡である。

 このサードは日本では「高高度迎撃ミサイル」と訳されるが、かいつまんで言えば迎撃高度20km程度のPAC3よりもはるかに広い範囲(150km、成層圏より上)をカバーできる弾道弾向けの迎撃システムである。このサード配備を巡って、大統領選挙期間中の前後、3000人とも1000人ともいわれる反対派が、寒村に押しかけ熱狂の如く反対のシュプレヒコールを上げたことは日本でも大きく報道された。

 だが当然のこと、サード配備は文在寅就任後5日目にしてIRBM(中距離弾道ミサイル)発射実験を行った北朝鮮への有効な防御手段の一つである。が、何故に韓国人はこのミサイルに反対するのか。

「左派(進歩派)」で「対北融和派」と目される文氏の勝利を含め、日本では「韓国は北の脅威を忘れた平和ボケ」という大合唱が巻き起こり、慰安婦合意の見直し問題の再燃が危惧されている。韓国で一体何が起こっているのか。

 ソウルからKTXで南下すること1時間半、星州サード配備地は総世帯約80戸のウリ畑が広がる集落であった。そこに、サード反対派の大集団が、「平和」「サード反対」「ミサイルはいらない」などの横断幕とテント小屋を張り、村の公民館を丸ごと反対派の拠点として居座っている。サード車両と付属するXバンドレーダーの設置場所に続く山道は、韓国警察と軍によって検問所が出来ている。私はもう何度目かの既視感に苛まれていた。

 県道の両側を埋め尽くす「平和」「ヘリパッド反対」「オスプレイ要らない」の横断幕とテント小屋、そして警察による検問所……。何もかも沖縄北部・高江で発生した「高江ヘリパッド建設反対集会(『SAPIO』2016年12月号参照)と瓜二つである。

 反対派の構成も似ている。80戸の星州地元民よりも、ソウルなど大都市部からやってきた革新系労働組合(民主労総)や、革新系民間団体が多数を占める。

 また、このサードが設置される山系が、1916年に朴重彬なる開祖が拓いた仏教系新宗教「円仏教」の教義的聖地だとかで、「聖地を護れ」のスローガンのもと、尼僧が座り込みを続けている光景であった。高江でも「ヤンバルの住む神聖な水と森を護れ」と若干スピリチュアルな要素を説く人が居たので、これもある種の既視感の一種でもある。

◆「対話で解決」の深層

 通訳に手引いてもらい、数少ない地元民へ話を聞いていく。皆、「サード絶対反対」の大合唱である。他方、「北への脅威はどうするのか」と私が聞くと、「対話で解決する」という型通りの反対が返ってくる。唯一、日本滞在経験があり日・英語にも堪能で田舎暮らしを楽しんでいるという社会人大学院生のインテリ才女(40代)だけが、「国防のためにはサードはやむを得ない」などと現実路線なのが印象的であった。

 ただし、彼女を含めた村人たちは皆、大統領選挙で文氏に投票したという。

「北とは対話で解決」。ある意味、DMZ(非武装地帯)は別として韓国で最もその国防の前衛に立たされている星州の住民ですら、口々にそういう。韓国はかつて、共産主義者に国を蹂躙された辛酸を、時の経過と記憶の風化によって忘却せしめたのであろうか。

 ソウルに戻って梨泰院(龍山)の戦争記念館に行った。朝鮮戦争で北朝鮮軍から鹵獲したソ連製の戦車や制空に活躍した米軍戦闘機、そして朝鮮戦争で死んだ約17万の韓国兵と米国をはじめとした国連軍戦死者の名前が一名一名、レリーフの中に刻まれている。

 梨泰院には在韓米軍司令部基地があるが、北がミサイルを発射した直後だというのに何の危機感もない平穏なものであった。

 日本にある横須賀、岩国、そして沖縄の米軍基地を見る度に、私は言いようのない敗戦国の屈辱を感じる。だが梨泰院の市民は、夜になれば喧噪の繁華街に軍服で繰り出しテキーラを飲んで上気する米兵を何の違和感もなく受容している。考えてみれば前提が違う。韓国にとって米軍は朝鮮戦争を共に戦った戦友であり、その梨泰院の米軍基地は元来日本軍駐屯地だった。彼らは旧敵ではなく解放者だ。

 さらに、言うまでもないことだが韓国にとって北とは、「同じ言葉の通じる」同胞である。「北と対話で解決」と言えば、日本では空想主義者だが韓国ではリアルだ。このリアルの皮膚感覚が、日本人にはわからない。半島情勢を理解するにはどうすればよいか。日韓関係を考えるためには何が必要か。様々な識者や評論家が、嫌韓・親韓・中立の観点から本や原稿を書いてきた。その中には、差別的なものから学術的なものまで、それこそピンからキリまでの状況である。

 私など2012年に竹島まで行ったが、感想は「海に突き出た奇岩」。近くて遠い国に住む人々が口々に言う「対話」という念仏の皮膚感覚は、幾ら本を読んでも渡韓しても中々掴みどころがない。しかし、私はようやくその解に近づきつつある。答えは想像力だ。

 矢作俊彦が1997年に『あ・じゃ・ぱん』という傑作長編小説を書いた。時空のズレたもうひとつの日本は、冷戦期東西に分割され、東が共産国、西が自由主義国の二つに分かれている。大阪の空港で、「東」から密航しようとした東日本人が逮捕される。彼は叫ぶ。「同じ日本人じゃないか」。しかし、「西」日本の標準語は関西弁だから、その叫びは奇異に聞こえる。でも言葉の意味は通じる。そういう描写がある。分断国家の悲劇と、それが故の心底での共鳴は、私たち日本人にとっては想像力を以って補うしかない。

「日本から来たの? 木村拓哉に似てるね!」と梨泰院の場末の飲み屋で韓国ギャルから些か見当違いな(とはいえ好意的な?)感想を日本語でぶつけられながらも、尚、どうしてもこの国の人々を嫌いになれぬ自分を発見する。

●ふるや・つねひら/1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『左翼も右翼もウソばかり』『草食系のための対米自立論』『「意識高い系」の研究』。

※SAPIO2017年7月号

関連記事(外部サイト)