ケント氏「韓国はベトナム女性に謝罪する像を建てるべき」

ケント氏「韓国はベトナム女性に謝罪する像を建てるべき」

慰安婦像には多くの高校生が校外学習で訪れていた

「儒教の呪いを肌で感じた。日本はやっぱり、この国との付き合い方を根本的に考え直さなければいけないと思う」

 著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏は、5月の2日間の緊急ソウル取材を終えて、そう感想を語った。大統領選が終わった直後の韓国に飛んだケント氏が見たものとは──。

 * * *
 文在寅大統領は、早くも「日韓合意破棄」をちらつかせている。彼らは、もっと日本に謝ってほしいのだろうか?  あるいはもっとカネをよこせというのか? 仮にそうしたとしよう。すると、またすぐ「もっと謝れ」と言ってくるはずだ。

 上下関係を重んじる儒教の考え方では、一度謝ると自ら罪人だと認めていることになり、永久に「謝り続ける」「下」の立場が固定化する。日韓合意で「最終的かつ不可逆的に解決」したのだから、「もっと謝れ」には付き合うべきではない。

 日本大使館前の慰安婦像に向かうと、彼らが「解決」させる気などないことがはっきりわかった。

 像の横では、今も市民団体がビニールの簡易テントを張って、像が壊されることなどないように監視していた。そこへ、若い女性の一団がやってきた。聞くと高校生で、引率の先生もいる。韓国では校外学習や修学旅行のシーズンらしい。そうして“日本の残虐さ”を学ばせているのだ。

 慰安婦像の後ろには、訪問者が名前を書き込むノートがある。女子高生たちが書き込んだそのノートを見ると、韓国人に混じって多くの欧米人の名前もあった。日本人は、韓国の“慰安婦プロパガンダ”が世界で今も進行し、成功しつつあることを認識すべきだろう。

 慰安婦像の存在自体も問題だが、加えて指摘しておきたいのは、像の隣に埋め込まれたプレートの文言だ。

 英語の文面では「Sexual Slavery issue」、つまり「性奴隷問題」とある。奴隷は休めないし、お金ももらえない。だが実際の慰安婦は売春婦であり(現在の倫理観から言えば問題だが)、休みもあって高額の報酬も得ていた。それは「性奴隷」とは到底言えない。

 韓国は「女性の人権が踏みにじられた」というが、本気で女性の人権をいうなら、ベトナムで韓国軍兵士たちにレイプされた多くの女性に謝罪する像を建てるべきだ。

【PROFILE】ケント・ギルバート●1952年、アイダホ州生まれ。1971年、初来日。カリフォルニア州弁護士。1983年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、人気に。近著に『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』『日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ!』がある。

※SAPIO2017年7月号

関連記事(外部サイト)