中国女子卓球代表チーム監督 ギャンブルの借金返せず拘束

金メダリストの中国卓球女子チーム監督、ギャンブルの借金返せず拘束 陰謀論の声も

記事まとめ

  • 中国卓球女子チームの孔令輝監督が、北京で身柄を拘束され取り調べを受けている
  • 孔氏はアトランタ五輪で優勝し、シドニー五輪では金を獲得した中国卓球界の元スター
  • 昨年シンガポールに旅行した際、カジノで賭博資金を借り入れたが全てを返済しなかった

中国女子卓球代表チーム監督 ギャンブルの借金返せず拘束

中国女子卓球代表チーム監督 ギャンブルの借金返せず拘束

世界一の実力を持つ中国卓球界にトラブル発生

 オリンピックや世界選手権で多くの金メダルを獲得した中国卓球界の元スーパースターで、中国卓球女子チームの孔令輝監督が、中国共産党の規律違反に問われ取り調べを受けていることが分かった。女子チームがドイツで開催中の世界選手権に参加している最中、監督に対して、ドイツから中国への帰国命令が出されたのだ。そういった状況だっただけに、世界で実力ナンバー1の中国女子チームを動揺させようとする「奇怪な陰謀論との声も出ている」と中国紙「新京報」が報じている。

 孔氏は中国黒竜江省ハルビン市生まれで現在41歳。1995年、20歳時の世界選手権天津大会で初出場ながら、初優勝し脚光を浴びる。1996年のアトランタオリンピックでは男子ダブルスで優勝、2000年のシドニー五輪ではシングルで金メダルを獲得、ダブルスでは銀メダルだった。

 世界選手権ではシングルやダブルス、団体を含めて計8個の金メダルを獲得するなど、中国の卓球界のスーパースターだったが、2006年10月に引退。その後、女子チームのコーチ、監督を務めていた。

 華々しい卓球人生を歩んでいた孔氏だが、昨年2月の春節(旧正月)休暇でシンガポールに旅行した際、親戚や友人と一緒にホテルのカジノで、賭博資金として100万シンガポールドル(約8000万円)を借り入れた。しかし、いまだに半分しか返済しておらず、カジノ側が今年5月、香港の裁判所で返済を求める訴訟を起こしたという。

 これを香港メディアが報じたことで、孔氏のギャンブル疑惑が明らかに。中国政府においてスポーツ部門を統括する行政機関である中国体育総局は、孔氏が党員であり公務員としての規律規定に違反している疑いがあるとして、ドイツからの即時帰国を命令したというのだ。現在、北京で身柄を拘束して取り調べているという。

 中国では2012年に習近平指導部が発足後、汚職や女性関係など党の規律に違反している党員を厳しく取り締まっており、かつてのスーパースターで、女子チーム監督という重責にある孔氏とても、例外ではないことを見せつけた形だ。

 これについて、中国の人気メディアである「新京報」は「スポーツマンシップと法治精神は共通しており、疑わしくは潔く、速やかに真偽をたださなければならない。早急な事態の究明が望まれる」と報じた。

 しかし、その一方で、世界選手権開会中というタイミングでの孔氏の疑惑の発覚で、「チームのメンバーに動揺が広がるのは避けがたく、何者かが、世界ナンバー1の実力を持つ中国チームの成績を落とすことを狙った奇怪な陰謀論ではないか、との声も多く出ている」とも報じている。

関連記事(外部サイト)