中国女子留学生 卒業スピーチで自由礼賛し批判受ける

中国女子留学生 卒業スピーチで自由礼賛し批判受ける

留学生の卒業スピーチで一騒動

 中国人の女子留学生が米メリーランド大学の卒業式のスピーチで、中国の大気汚染のひどさを指摘し、それに比べて「アメリカの空気はすがすがしい」としたうえで、「自由は空気であり、情熱、愛情でもある」などと主張し、中国の報道の自由のなさや民主化の抑圧などを批判した。そのことについて、中国の官製メディアから批判のバッシングを受けていたことが分かった。

 官製メディアが留学生の個人的な発言を批判することは異例で、この留学生は身の危険を感じたのか、自身の発言を謝罪。しかし、これについて、ネット上では「なぜ、自己批判するのか? 真実を語っただけ。留学生を批判する中国メディアの方が悪い」などの書き込みが相次ぐなど、図らずも留学生の発言を擁護する声が大きなる結果となった。

 この女子留学生は中国雲南省昆明市生まれの楊舒平さん。楊さんは心理学や劇場芸術を専攻して、この両方の学位を取得。卒業式での彼女のスピーチをかいつまんで紹介すると、次のようなものだ。

「私はいろいろな人からよく『どうしてメリーランド大学に来たのか』と聞かれるのだが、その時、私はいつも『空気がきれいだから』と答えるの。

 私は中国で育ったが、外に出るたびにマスクをしなければならなかった。そうしないと、病気になりそうだったから。でも、アメリカに着いて、空港を出て外で息をしたら、私はとても自由だって感じたの。それは、大学でも同じだった。

 自由は空気。自由は情熱。自由は愛情だ。フランスの哲学者、サルトルは言った。『自由は選択だ』と。われわれの未来は今日と明日の我々の選択にかかっている。我々はみんな、我々の人生の次の章を書く劇作家だ。一緒に人類の歴史を書いていきましょう。友よ、新鮮な空気を楽しみ、それを絶対に放してはいけない」

 しかし、彼女のスピーチがユーチューブで流されると、同じメリーランド大学の中国人留学生から「祖国をばかにしている」などと批判されたほか、中国内でも激しい非難のコメントが書き込まれた。それを受けて、中国共産党機関紙「人民日報」や同紙傘下の国際問題専門紙「環球時報」も「偏見を抱いた卒業スピーチ、メリーランド大学の中国人学生も批判」などとの記事が掲載されている。

 これに対して、楊さんは「このまま中国に帰っても、就職できないかもしれない」「帰ったら、身の危険が危ないかも」などと不安になり、自己批判した。

 これに対して、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の書き込み欄には「香港から見れば、彼女の主張は至極まともだ。自己批判する必要はない」などとのコメントが目立つ。

 また、この問題を報じたフランス通信(AFP)は「楊さんは批判の高まりを受けて謝罪したという。だが結果的に、『中国には批判的な言動が存在する余地がほとんどない』とする楊さんの指摘を証明したような形となった」と結論づけている。

関連記事(外部サイト)