武漢で感染拡大招いた4万世帯参加の「万家宴」 意外な真相

武漢で感染拡大招いた4万世帯参加の「万家宴」 意外な真相

春節を前に武漢の4万世帯が集まった(写真:新華社/アフロ)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、各地の国際イベントに波及し始めた。スペイン・バルセロナで毎年開催される世界最大のモバイル見本市は中止となり、上海で4月に予定されていたF1中国グランプリは「状況が改善するまで」延期が決定した。歴史作家の島崎晋氏は、新型肺炎の発生地である中国・武漢で「感染拡大の一因」と報じられた、ある大イベントに注目する。

 * * *
 中国武漢発の新型コロナウイルスの猛威はいまだ衰えるところを知らない。中国政府が認めているように、当局の初動対応に問題があったことは否めない。昨年末と言わないまでも、せめて年明け早々に詳細な事実が公表されていれば、春節(旧暦の正月)の移動を控える人はもっと多く、武漢市内で大イベントが開催されることもなかったはずである。

 ここで言う「大イベント」とは、「万家宴」という大食事会を指している。

 2月に入ってようやく、日本の各メディアもこのイベントについて言及し始め、2月8日付けの『読売新聞オンライン』には〈武漢『伝統の大宴会』感染拡大に拍車か…1月半ば、市場近く4万世帯〉という見出しが躍った。本文には〈1月半ばに開かれた地域住民による伝統の大宴会が、感染拡大に拍車をかけたとみられる〉〈4万世帯以上が料理を持ち寄って歓談する伝統行事「万家宴」〉などと書かれている。

 同記事には、市中心部で約18万人が居住する集合住宅エリア「百歩亭」が万家宴の会場だったとあるが、筆者には「伝統行事」という部分が引っ掛かった。貴州省のトン族の村に伝わる「百家宴」という伝統行事なら耳に馴染んでいる。過去に日本の複数のメディアでも取り上げられ、それへの参加を売り物にするツアーまで組まれるほどだから、アジア旅行好きの人であれば認知度が高いはずである。

 それに対して、武漢の万家宴は初耳であった。2月10日付けの『テレビ朝日ニュース』に至っては、万家宴を〈春節の到来を祝う中国南部の伝統行事〉とまで記しており、ますます頭が混乱してきた。

 手持ちの書物をひっくり返すと同時に、ネット上でできる限り検索したところ、まもなく謎が解明された。

 武漢で同様のイベントが毎年実施されてきたのは事実でも、それはここ20年のこと。百歩亭の住民たちが春節前夜の料理から各家一品ずつを持ち寄り、「百家宴」というイベントを開催したのが始まりだった。その後、ギネスの世界記録を意識して規模の拡大を重ねた結果、「百家宴」から「千家宴」を経て現在の「万家宴」となったようなのだ。つまり伝統と言ってもたかだか20年の歴史を持つに過ぎず、行事が開かれる範囲もその団地内に限られるというのが真相だった。

 歳月の浅い伝統ではあるが、その実施日には意味がある。今年の春節元旦は新暦1月24日で、武漢で万家宴が開催された1月18日は旧暦の12月24日にあたる。この日は春節を迎える準備を始める日にして、「小年(シャオニェン)」という竈の神を祀る日にもあたっていた。

 竈の神は一年に一度、その家に住む人々の行ないを天帝に報告するため昇天すると考えられている。各家庭とも悪い報告をされては困るので、竈の神の口の中をねばつかせて満足に話せないようにするため、砂糖菓子を供えるのが習慣となっている。それに付随し供えられたご馳走は竈の神に供えたのち、一家でもって食された。小年の日は華北では23日、華南では24日という一日のズレはあるが、やることは同じであった。

 1000人以上の死者が出ている最中に何を悠長なことと思われるかもしれないが、どんな混乱状態にあったとしても、誤った情報はその都度正すべきだろう。今回は中国歴史・文化オタクの意地として筆を起こした次第である。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊は『覇権の歴史を見れば、世界がわかる』(ウェッジ)。

関連記事(外部サイト)