香港大手証券会社会長 世界一高い自宅駐車場を購入

香港大手証券会社会長 世界一高い自宅駐車場を購入

香港の不動産価格は今や世界一

 香港の証券会社大手、華融投資の関偉民会長が自宅の高層マンションの駐車場を518万香港ドル(約7000万円)で購入していたことが分かった。駐車場としては世界一の値段となる。これまでの駐車場代金の世界記録は、香港の480万香港ドル(約6500万円)だった。

 いずれにしても、香港が世界一不動産価格が高い都市であることが証明された形となり、ネット上では「香港は世界でも有数の公共交通が発達した都市。トラム(路面電車)は香港中に縦横無尽に走っており、たった2.3香港ドル(約30円)なのに、駐車場だけに518万香港ドルとは信じられない」との憤りとも嘆きともつかない声が書き込まれている。

 関氏はこのマンションとは別に、二つの高層マンションを保有。合わせて7560万香港ドル(約10億2000万円)で購入している。その駐車場代金も、それぞれ378万香港ドル(約5100万円)と398万香港ドル(約5400万円)と莫大な額だ。

 関氏は今回、新たに3つ目の高層マンションを8850万香港ドル(約12億円)で購入。このマンションは48階建てで、関氏は最高層階に住んでいる。

 駐車場は1階に位置し、17.5平方mの広さで、通常の1台の駐車スペースに比べて40%ほど広いという。

 米紙「ニューヨーク・タイムズ」の中国語電子版は「香港で不動産価格が高いのは、総面積が狭き割には人口が多いため」と指摘。沖縄本島ほどの1100平方キロの土地に、沖縄本島の6倍の約730万人もの人が住んでおり、「しかも中国大陸の富豪が投資用に、香港の高層マンションを買い漁っていることが大きな原因だ」と報じている。

 このため、香港金融管理局の陳徳霖総裁は「香港の不動産市場は過熱しており、バブルのリスクが強まっている」と警告を発しているほどだ。

 この問題を報じた香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の書き込み欄に「香港の庶民にとっては、もう10年以上も前からマンションは夢のまた夢だったが、マンション以上に、駐車場がこれほど高くなってしまって、すでに自家用車すら買えない都市になってしまったのだ」との嘆きの声がみられている。

関連記事(外部サイト)