スパイ容疑などで計12人の日本人が中国で拘束 習近平政権の基盤強化の「生贄」か

記事まとめ

  • 中国では「スパイ容疑」や「国家安全危害罪」などで計12人の日本人が拘束されている
  • 2012年の習近平政権発足後、「スパイ防止・反特務情報連絡員」制度を創設した
  • 日本人を狙い撃ちにして、軍事機密漏えい防止の「人民戦争」を展開しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております