激太り目立つ金正恩に欧州から医師招く「特別医療体制」

激太りが目立つ北朝鮮・金正恩氏に「特別医療体制」 治療ドクターが欧州に複数存在

記事まとめ

  • 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、検診や治療を受けるのが平壌の烽火診療所だそう
  • 先日暗殺された金正男氏も烽火診療所で生まれ、存在をしばらく隠されてきたという
  • 最近激太りが目につく正恩氏、治療を行うドクターが欧州に複数いると考えられている

激太り目立つ金正恩に欧州から医師招く「特別医療体制」

激太り目立つ金正恩に欧州から医師招く「特別医療体制」

常に健康不安が囁かれる KCNA/新華社/AFLO

 最近激太りが目につく北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長が、家族や最高幹部とともに検診や治療を受けるのが平壌の烽火(ボンファ)診療所だ。

 ここは以前から金一族のお抱え診療所として注視されてきた。2008年、父親の金正日の病状悪化が伝わると、米国や韓国は診療所の衛星写真で車両の出入りを確認して動静を探っていた。デイリーNKジャパン編集長でジャーナリストの高英起氏が解説する。

「金正恩は食生活を含めた健康面を管理する機関と、医療面をサポートする烽火診療所の二本柱で心身をケアしています。北朝鮮国営メディアを見る限り、北朝鮮人医師のレベルはともかく、それなりに先端機器を揃える医療機関のようです」

 2014年秋には杖をつきながら国内視察する金正恩の様子を北朝鮮の労働新聞が報じ、韓国メディアは「烽火診療所でフランス人医師から足首の関節手術を受けていた」と報じている。

 北朝鮮の幹部クラスは欧州など海外で治療を受けることはあるが、金正恩の場合、危機管理上国外に出て治療を受けるとは考えにくい。高氏によれば、烽火診療所に招かれて治療を行うホームドクターが欧州に複数いると考えられるという。

 また、先日暗殺された金正男氏も烽火診療所で生まれ、その存在をしばらく隠されてきた。ある意味、金一族の表も裏も知るのがこの診療所と言える。

 チャウシェスク政権時代のルーマニアと北朝鮮は同じ社会主義国家として気脈を通じ、ルーマニア人医師を招くことが多かった。ルーマニアの独裁政権崩壊後、北朝鮮の指導者層の治療はフランス人医師に引き継がれたとされている。

 昨年秋には北朝鮮保健省1局出身で、中国・北京の北朝鮮代表部に在籍する幹部が脱北した。この人物は北京から金正恩の健康に役立つ医薬品や医療装備品を調達していたと語った。

 高度な医療機器をこうした役人に調達させて烽火診療所まで運ばせ、欧州から医師を招いて診察を受けるのが金正恩の特別医療体制とみられる。

※SAPIO2017年8月号

関連記事(外部サイト)