中国の宇宙開発加速、2031年以降に有人月面探査計画

中国の宇宙開発加速、2031年以降に有人月面探査計画

中国が世界一の宇宙大国に?

 中国は今後20年間で、総計で800億ドル(約8兆8000億円)もの宇宙関係予算をかけ、2018年には月の裏側の探査を行うほか、2020年には火星探査のための衛星を打ち上げるとともに、早ければ2031年までに宇宙飛行士による有人月面探査を実現する計画を立てていることが分かった。6月初旬に北京で開催された中国政府の宇宙計画会議で明らかにされた情報として、中国メディアが報じた。

 中国は昨年10月、無人宇宙貨物船「天舟1号」を次世代ロケット「長征7号」で打ち上げ、宇宙空間に浮かぶ実験室「天宮2号」とドッキングなどの実験を行った。

 今年秋には中国初の宇宙補給船「天舟1号」を打ち上げ、運用中の宇宙実験室「天宮2号」とドッキング実験を行う予定だ。これは、2020年ごろの完成を目指している中国独自の宇宙ステーション計画の一環で、ステーション内に食料や燃料を補給する技術の確立につなげるための実験といえる。

 中国メディアによると、天舟1号は長さ約11メートル、幅約3.4メートル、打ち上げ時の重さは約13トン。当局はドッキングを数回実施。天宮2号への燃料注入実験も行う。

 月面探査では、「嫦娥(じょうが)5号」を2017年末に打ち上げ、軟着陸させたうえで土壌の一部を持ち帰る作業を行う。18年前後には「嫦娥4号」を送り、世界で初めて月の裏側に軟着陸させ、宇宙に中継点を設け、月の裏側と通信する技術開発を進める。

 さらに、2020年には火星探査機を打ち上げて火星を周回したうえで着陸し、火星の土壌を持ち帰るなどの探査作業を行うほか、火星に近い小惑星を撮影することなども計画している。

 習近平指導部は2030年までに米国とロシアに並ぶ「宇宙強国」入りを目標に掲げており、今年後半に5年に1度の共産党大会を控え、国威発揚や指導部の求心力向上のために、宇宙開発にまい進する指導部の姿勢をアピールしたいとの思惑がある。

 今後の最大の目標は有人による月面探査で、中国で宇宙開発を推し進める中国国家航天局は早ければ2031年までに、遅くとも2036年までに、有人月面探査を実現させると表明している。実現すれば、米国によるアポロ計画以来だけに、中国は一躍、世界ナンバー1の宇宙大国に踊り出ることになる。

関連記事(外部サイト)