なぜ中国人はわざわざ日本まで医療を受けにやってくるのか

なぜ中国人はわざわざ日本まで医療を受けにやってくるのか

日本への医療観光を売りにする中国企業が増えている CFP

 中国人富裕層による日本の“医療爆買い”が近年、新たな展開を見せ始めている。末期がんの治療や美容医療の施術など、それまで主流だった「検診ツアー」から一歩進んだニーズが高まっているのだ。ジャーナリストの西谷格氏がレポートする。

 * * *
 中国人富裕層の訪日医療ツアーは2000年代から始まっていたが、2011年の東日本大震災や2012年の尖閣問題で一時は退潮傾向にあった。それが個人旅行者の増加とともに、近年再び脚光を浴びている。

 ゴルフ付きの人間ドックの場合は237万円といったものもあるが、一般的なレベルの人間ドックでも総額100万円ほどの金額になる。医療ツアーの受け入れ業務や医療通訳士の育成を行っている日本抗加齢センターの真野博氏が説明する。

「外国人患者は通訳を交えて会話するため、医師にとっては意思疎通の手間と時間が日本人以上にかかってしまう。さらに、人間ドックで使う検査機器の利用代金として、日本人向けより高く設定していることがあるようです」

 通訳料金は別途必要で、半日で5万円前後、1日の場合10万円ほどになる。さらに、病院からホテルまでハイヤーでの送迎サービスを利用すると、往復10万円かかる。このため、日本人だったら30万円程度の1泊2日の人間ドックを外国人が受ける場合、通訳や送迎料金などを含めると、総額100万円ほどかかるのだ。

 現在、訪日医療ツアーの多くは、中国にある富裕層向けのツアー会社が企画するケースが多いようだ。

「不動産を扱う会社が兼業しているケースもあります。不動産業者には富裕層の顧客がたくさん集まってくるので、医療ツアーの営業がしやすいのです。日本の旅行会社はなかなか太刀打ちできません」(真野氏)

 そもそも、彼らはなぜわざわざ海を隔てた日本まで医療を受けるためにやってくるのか。中国市場向け経営コンサルタントの呉明憲氏は、こう語る。

「日本で受ける検診は精度が高いと評判で、『中国で見つからないがんが日本では見つかる』とも言われています。中国の大手企業のなかには幹部限定の福利厚生として、日本で人間ドックが受けられる制度を設けているところもあるほどです」

 がん検診について言えば、中国にも日本と同レベルで体内を撮影できる機器はあるのだが、その画像を見てがんかどうかを診断する医師のレベルは、日本のほうが優れていると言われる。

 しかも、がんの陽子線治療など一部の先端医療に関しては、日本で治療を受けるほうが中国よりも安価に済む場合がある。

 安くて質が良く、サービスも充実。安全性も高いとなれば、中国人富裕層が訪日医療ツアーに大挙するのは当然といえば当然。“日本医療爆買い”はまだしばらく続きそうだ。

※SAPIO2017年8月号

関連記事(外部サイト)