中国 ウェブからプーさん遮断し「北朝鮮よりひどい」の声

習近平氏似と話題の「くまのプーさん」中国ネットから遮断 「北朝鮮より酷い」と批判

記事まとめ

  • 中国のインターネットで「くまのプーさん」が当局の検閲対象となり、表示できない
  • 習近平氏がプーさんに、オバマ氏が虎のティガーになぞらえられ、話題になったため
  • ネット上では「北朝鮮よりもひどい」などとの書き込みがみられている

中国 ウェブからプーさん遮断し「北朝鮮よりひどい」の声

中国 ウェブからプーさん遮断し「北朝鮮よりひどい」の声

「くまのプーさん」遮断で中国国内の反応は?

 中国で人気アニメ「くまのプーさん」がインターネットで当局の検閲の対象となり、表示できないことが分かった。というのも、「丸くて、ふっくらしたプーさんの外見が最高指導者、習近平国家主席に似ている」とネット上で話題になったためで、検閲当局が「親愛なる習主席が侮辱されている」と判断して、プーさんの名前や画像、ユーザーの投稿をシャットアウトしているのだ。

 これについて、ネット上では「それほど自分の顔や体型に自信がないのか」「この程度で検閲を強化するなんて。中国人は世界からますます孤立するぞ」「北朝鮮よりもひどい」などとの書き込みがみられている。

「プーさんが習氏にそっくり」として話題になったのは、4年前の2013年に米カリフォルニア州で行われた米中首脳会談で、習氏とオバマ大統領がそろって歩いている姿がプーさんと虎のティガーになぞらえられてからだ。これが中国版ツィッター「微博」に投稿されたことから、検閲当局が急いで画像を消去し始めた。

 だが、その後も、同じような現象が起きた。沖縄県尖閣諸島の問題で日中関係が悪化していた2013年、習氏と安倍晋三首相が握手している写真が「微博」上で、たちまちプーさんとロバのイーヨーの握手に置き換えられたのだ。この写真では2人は握手をしているが、目は宙をさまよっており、お互いそっぽを向いているところが、プーさんらの写真とそっくりだ。

 さらに、2015年9月に北京で行われた軍事パレードで、習氏がリムジンの屋根から頭を出して閲兵する写真と、車から頭を出したプーさんのおもちゃの写真も間もなくネット上に登場した。

 これについて、米国の政治分析サイト「グローバル・リスク・インサイツ」は同年に「中国で最も検閲を受けた写真」と指摘したほど、インパクトが強かった。

 だが、ゲームのモグラたたきのごとく、当局がネット上の検閲を強化し、次から次へとプーさんの写真を検索禁止にしていることから、国際的なメディアが「SNSからプーさん遮断=習主席と体形比較-中国」(AFP)、「中国の検閲当局は、なぜクマのプーさんを禁止したのか」(BBC)などと写真付きで面白おかしく報じている。

 これについて、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の書き込み欄には「やりすぎ!あまりにもばからしい。習近平は国民から嫌われているのか?」や、7月1日の香港返還20周年で習氏が香港を視察した際のことを持ち出して、「香港で市民や子供たちを激励した人と同じ人がやっているとは思えない」などのコメントが書き込まれている。

関連記事(外部サイト)