北朝鮮の弾道ミサイル、大気圏への再突入技術は未獲得か

記事まとめ

  • 今年7月、開発に成功したと北朝鮮が報道した『大陸間弾道ミサイル』
  • 7月28日発射の『火星14号』の射程距離は約1万kmともいわれ、アメリカ全土に届くという
  • 大気圏に再突入できる技術をまだ開発できていないとアメリカは見ているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております