第三子望むキャサリン妃 反対するウイリアム王子と緊張状態

キャサリン妃が第三子を望むもウイリアム王子は大反対か 2人の緊張状態が英国で波紋

記事まとめ

  • キャサリン妃が第三子を望むことを冗談ぽくウイリアム王子に話すも、王子は笑いもせず
  • キャサリン妃は「もし私がまた妊娠したら、彼は出て行くと思うわ」とも発言したという
  • ダイアナ元妃に憧れるキャサリン妃は最近、教育ママっぷりも話題になっている

第三子望むキャサリン妃 反対するウイリアム王子と緊張状態

第三子望むキャサリン妃 反対するウイリアム王子と緊張状態

キャサリン妃は熱心な教育ママとしても知られる

 衝撃のニュースがイギリス国民に波紋を広げている。

キャサリン妃がサード・ベイビーを望むも、ウイリアム王子は大反対》

 7月26日、米写真週刊誌『ライフ&スタイル』が報じたこの記事によると、ウイリアム王子(35才)とキャサリン妃(35才)夫妻はポーランド訪問中の7月17日、現地の人からかわいいぬいぐるみをプレゼントされた。

 が、4才になったジョージ王子にも2才のシャーロット王女にも少し幼すぎる。そこで、彼女は夫に「もっと赤ちゃんをもたなくてはね」と第三子について冗談めかしてコメントした。しかし、ウイリアム王子は笑いもせず、その日以降ふたりの関係は「緊張は今にも爆発しそうだ」(王室関係者)という。

 また、キャサリン妃が「もし私がまた妊娠したら、彼は出て行くと思うわ」とも発言したという。イギリスでもこの話は大きく取 り上げられた。英王室に詳しいジャーナリスト・多賀幹子さんが解説する。

「公の場でこのような“事件”を起こし、しかも子供の人数でけんかをするなんてとショックを受けている国民も多いようです。ウイリアム王子は積極的に育児に参加していて、おしめ替えはもちろん、寝るときの読み聞かせも自らしています。

 キャサリン妃は自身が3人きょうだいだったこともあり、もう1人望んでいるようですが、王子は2人兄弟ですし、すでに1男1女のかわいい子供がいるから満足している。3人目というより、今いる2人に時間をかけ、大切に育てていきたいと思っているようです」

 ダイアナ元妃(享年36)に憧れるキャサリン妃は「乳母任せにせず普通の子供たちと同じように育てる」が教育方針。最近は前のめりの教育ママっぷりも話題になっている。

「この秋から、ジョージ王子がロンドン南西部のプレスクールに通うことが発表されています。一家が住むケンジントン宮殿からは車で20分もかかる距離で、中流階級の人々が多く住む場所にあり、しかも男女共学と異例尽くし。教育熱心なのはいいのですが、心配する声も多い」(現地のジャーナリスト)

 王室とはいえ、悩みは一般家庭とそう変わらないものだ。

※女性セブン2017年8月17日号

関連記事(外部サイト)