旅先で金に困った中国人学生が狂言誘拐 “小皇帝”の甘えか

旅先で金に困った中国人学生が狂言誘拐 “小皇帝”の甘えか

一人っ子政策で過保護に育てられた「小皇帝」が社会問題に

 中国内陸部の陝西省の大学1年生の学生3人が夏休みを利用して、沿海部の浙江省台州市を旅行中、旅費が足りなくなったことから、狂言誘拐を思い付き、親元に電話をかけて、「誘拐された。10万元(約160万円)を送ってほしい」と身代金を送るよう指示。結局、台州市の地元警察の捜査で狂言誘拐であることが分かり、逮捕される事件が起こった。

 この大学生は「小さいころから父親が愛してくれていないと思っており、(狂言誘拐で)愛情を確かめたかった」と供述しているというが、ネット上では「一人っ子の小皇帝の甘えであり、わがままだ」などと批判する書き込みが目立っている。

 中国メディアによると、狂言誘拐を思いついた主犯格の大学生Aは、自宅に電話をかけたあと、家族にSNSによる画像を送り、犯人役の友人2人に「10万元すぐに払い込まないと、息子を殺すぞ」などと叫ばせて、Aは「お父さん助けて。本当に殺されてしまう」などと犯人グループに暴行されているような様子を演じていたという。

 Aの両親はすぐに台州市の警察に電話し、息子の救助を依頼。警察は市内の宿泊施設をしらみつぶしに捜査して、Aらが泊まっているホテルを特定し、部屋に踏み込んだが、もぬけの殻だった。しかし、荷物や所持品などはそのまま置かれていたことから、他のところに監禁されている恐れもあるとみて、捜査を続けていた。

 ところが、夜になって、Aら3人がホテルに戻ってきたことから、3人の身柄を確保、狂言誘拐であることが判明した。Aらは警察の姿をみると、真っ青な顔をして、逃げ出そうとしたが、そのまま警察署に連行されたという。

 この誘拐騒ぎで、陝西省のAの実家では、心配のあまり祖母が入院するほどだったが、A自身は「旅行の途中でお金がなくなった。どこかでアルバイトしようと思ったが、雇ってくれるところがなくて、思い余って、狂言誘拐を思いついた。父親の愛情を確かめたかった」などと供述したという。

 警察では「実害はなかった」ということで、Aら3人を釈放したという。

 だが、ネット上では「今の子供たちは小さいころから甘やかされて、なんでも思い通りになると思っている。このような大学生らが今後、中国の将来を担っていくと思うと、中国の未来は暗い」などとの書き込みがみられている。

関連記事(外部サイト)