釜山の若者との対話【第2回】高層ビル群がもたらす環境悪化

釜山の若者との対話【第2回】高層ビル群がもたらす環境悪化

釜山の高層ビル群

 ジャーナリスト・森健氏は韓国の中高生の前で講演するために、7月に韓国・釜山を訪れだ。その模様を3回に渡ってお届けする「ジャーナリストレポート・釜山の若者との対話」。第2回は「釜山の光と影」。格差社会が広がる釜山との街とその背景を紹介する。

 * * *
 遠くから見れば、光に輝いて乱反射が激しい。まるでいつか描いた“未来社会”のようにも見える。今年7月、講演で訪れた釜山の新しい中心地、海雲台(ヘウンデ)地区は輝くような高層ビルが乱立していた。

 この周辺には、50階建て以上のビルが20カ所以上あり、そのうちもっとも高いビルは80階を超える。日本でもタワーマンションは人気だが、高さでも、開発規模でも、釜山は比較にならない激しさだった。当然、価格も階数に比例するように高い。

「上方階? だとすると、数億円はくだらないな。買っているのは、年収レベルで言うと4000万円以上。職業で言うと、医者や弁護士、それと外資系など有力企業の社員もいる。まさに格差の象徴があの高層ビル群なんだよ」

 近くを車で通りながら、季刊誌「INDIGO」の編集長、パク・ヨンジュンが教えてくれた。

 こうした高層ビルがヘウンデ地区に乱立的に建てられるようになったのは2000年代に入ってからのことだという。「韓流」の名のもと、映画や音楽など文化産業にも大きな投資がなされている頃で、ヘウンデ地区には「映画の殿堂」という映画振興の施設や大型コンベンションセンターの「釜山国際展示場(Bexco)」、世界最大のデパート「新世界」などが競ってつくられた。そうして林立する高層ビルの中には、米大統領の所有する「トランプワールド」という高層ビルもあった。運転席から指差しながら、ヨンジュンが言う。

「あんなのまったくうれしくない。トランプワールドって……悪い冗談のようだよ」

 ヨンジュンはそう言って困ったような顔をした。ひと昔前にはヘウンデ地区で最大だったというロッテデパートは、現在見るとマンションの中のアパートのようにも見えた。

 そんな商業地区から数百メートル離れたところに立つ高層ビル群は、気象的な変化も引き起こして社会問題にもなっているという話だった。

 突然つくられた高層ビル群のせいで、海からの風が陸地に入ってこなくなり、夏は気温が以前よりも高くなった。また、その高層ビル自体が熱をもっているために、そこで留まった空気が水分を含んで滞留し、ビル群を覆う雲のようになる現象が起きている。

「おかげで曇りが多くなった。高層ビルの人たちにとっては、上の階の人は朝の時間は雲しか見られなくなってる」

 そんな風景は翌朝見ることができた。

 また、見栄えをよくするために、高層ビルの多くは鏡やステンレスなどをふんだんに使い、キラキラとした外観となった。だが、その分、室内は温度がつねに高くなり、エアコンを切ることができなっているのだという。

「電気がつねに必要になった。そのせいで、電気代が広域市全体上がりっぱなしなんだ」

 これは社会問題なんだよとヨンジュンは呟いた。

 いずれにしても、釜山の新しい繁華街ヘウンデ地区は、どこを向いても「リッチ」という言葉がついて回るような佇まいだった。インディゴのスタッフたちによれば、開発される前のヘウンデ地区は、ビーチこそ変わらないものの、もっと素朴な佇まいだったという。

 だとすれば、こんなに「リッチ」な町になってしまったのはなぜなのか。

 尋ねると、ヨンジュンは「前の広域市長のせいだね」と答えた。

 前任で3期務めた釜山広域市長が、規制緩和のような形で建設許可をやたらと出した。加えて、韓国経済が急伸していく時勢の中で、投資マネーも流れ込んだ。

「そのせいで起きたのが経済格差。韓国でも、ヘウンデ地区ほど格差の激しいところはないと思う」

 そして、その格差の大きさこそが、中高生向けに「キャンプ」として集中的に講演などで合宿をするきっかけだった。

 今回のキャンプに集まっているのは、経済の区分けで言えば、真ん中より下の子たち。インディゴ書院のフア・アラム代表は、そう表現した。

「そのせいで勉強や進学、仕事に就くチャンスなどがやや制限されているというのかな。まあ、ちょっと将来への希望を抱くという点で難がある子。そういう子たちに、希望をどうもったらいいかを伝えるのが今回のキャンプの主旨なんですよ」

 アラム代表はこのキャンプを実現するために、釜山広域市の教育局と数年前から話をしてきたという。

「韓国の子は、勉強はすごくさせられるの。受験勉強が大変だから。韓国の大学進学率は9割を超えるけれど、大学に入るために小学生から塾に通うのは当たり前。また、お金がある家はアメリカやカナダなどに留学もさせる。でも、それはお金がある家だけの話。多くの家の子にとって、そこまではできない。でも、そのできないという感覚が積み重なっていくと、どうしても挫折感になる。そこに格差の基本的な背景があるの」

 そうした格差の一因には、単なる職種や収入の違いだけでなく、伝統的な慣習の影響もあるという。たとえば、女性劣位の待遇。今回通訳をしてくれたイ・キョンヒさんによれば、女性の給与所得は男性と同じ職種でも男性より2割程度低いのが一般的で、もし離婚した母子家庭などであれば、必然的に生活レベルが下がる。日本でも母子家庭は相対的貧困に入るリスクが高いが、韓国でも母子家庭の貧困は強く関係している。

 釜山が都市として発展する中で、多大な投資マネーが投じられているのは、釜山の誰もが認める。だが、その発展が古くからの住民の生活向上に貢献しているかというと、その質問には「なんとも言えない」というのが実感のようだった。市民全員の生活が向上しているわけではなく、建設や金融、資格職などその恩恵を受けているのはごく一部だということだった。

「古い商店や古い産業の家の子は、その彼我の差を日々見ているのは、未来の仕事に希望を抱きにくくなってると思いますね」

 そうアラム代表は話していた。

 会場は釜山でもっとも大きな教会の隣にあるユースホステルだった。ユースホステルと言っても、古びた建物ではない。500人以上のコンベンションホールも複数備えた、ホテル並みの施設だった。

 7月最初の週に参集していた子どもたちはみな14歳、日本で言う中学2~3年生が対象だった。

 どんな子たちがいるのか。

 コンベンションホールの奥を覗くと、300人ほどの生徒が座っているのが見えた。

(第3回は「釜山の中高生との対話」)

《森健氏プロフィール》
1968年1月、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中からライター活動をはじめ、科学雑誌、 経済誌、総合誌で専属記者を経て、フリーランスに。2012年『「つなみ」の子どもたち』で第43回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2015年『小倉昌男 祈りと経営』で第22回小学館ノンフィクション大賞の大賞を受賞。2017年、同書で第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞を受賞、ビジネス書大賞2017で審査員特別賞を受賞。

関連記事(外部サイト)