チベット高原源流の大河で洪水が増加 4億人被害の恐れも

地球温暖化でチベット高原の大河では洪水が増加 4億人に大きな被害を及ぼす恐れも

記事まとめ

  • チベット高原の春の訪れが1960年代に比べて10日以上も早くなり、雪解けも早まった
  • 川も増水し、3つの大河では大規模な洪水が発生し、4億人に大きな被害を及ぼす恐れも
  • チベット高原下流域でも洪水による土砂崩れが起こり、多くの被害が出ている

チベット高原源流の大河で洪水が増加 4億人被害の恐れも

チベット高原源流の大河で洪水が増加 4億人被害の恐れも

中国の3大河の流域で洪水が増加(揚子江。写真:アフロ)

 地球温暖化の影響で、中国のチベット高原の春の訪れが1960年代に比べて10日以上も早くなり、雪解けも早まって、川の水も増水しており、3つの大河である長江(揚子江)や黄河、ランツァン川流域では大規模な洪水が発生していることが明らかになった。

 このため、流域の家畜や中国の人口の3分の1を超える4億人にも大きな被害を及ぼす恐れがある、と専門家は警告している。中国ではもっとも権威がある研究機関、中国科学院が発表した。

 中国の3大河である長江、黄河、ランツァン川(中流域からメコン川)の源流は中国貴州省とチベット自治区にまたがる4000m級の急峻なチベット高原にあることで知られる。

 中国科学院の研究者が1960年代からこれまで50年以上のデータを解析したところ、1960年には植物が成長する時期は年初から160日目(6月中旬)だったが、2013年には151日目(5月下旬)と10日間早くなっていることが分かった。植物が成長するには、春の到来によって、雪が解けるほど温度が上昇しなければならないため、この50年間ほどで雪解けが10日以上も早まっていることになる。

 最近の研究では、チベット高原の都市化などで開発が進んだことにより、氷河がかなり小さくなったり、すべてが溶けてなくなってしまうなどの現象が見られていることも分かっている。この結果、3大河に流れこむ雪解け水の量が多くなり、インド洋に流れ込み、水蒸気が大量発生して、結果的には雨量が多くなるという。

 こうした影響で、中国の3大河の流域では最近洪水が多くなっており、今年6月から9月にかけて、上海西部の内陸部では「100年に1度」といわれるほどの大洪水が発生し、黄河や揚子江の堤防が決壊して大きな被害を出している。

 また、チベット高原下流域でも洪水によって、大規模な土砂崩れが起こり、多くの被害が出ている。例えば、今年6月24日早朝、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州茂県で、山の一部が崩れて大規模な土砂崩れが発生、死者10人、土砂に埋もれたとみられる90人以上が行方不明となった。

 地元住民は、同地域は土砂崩れの多い地域ではあるがこれほど大規模なものは「前代未聞」と話しており、40戸以上の民家が土砂に飲み込まれたという。

 中国科学院環境物理研究所の厳仲衛所長は自身の論文で「ここ数年、雪解けが年々早くなってきており、それがこれまでの大規模な洪水や干ばつの発生パターンを変える原因になっている。このため、自然災害の予測が付きにくくなっており、多くの人々や家畜、動物に大きな影響を与える結果を招いている」と指摘している。

関連記事(外部サイト)