仏大統領夫人「男性と正面からぶつからない」姿勢に好感

仏大統領夫人「男性と正面からぶつからない」姿勢に好感

小池氏が仏大統領夫人に学ぶべき点とは?

『希望の党』を立ち上げ、日本中から注目されることとなった小池百合子東京都知事。日本初の女性総理大臣誕生かと期待も高まったが、結局衆院選には出馬せず、その支持率も下降線をたどることとなった。

 女性の星だったはずなのに、「排除」の姿勢などからどんどん嫌われ始めている小池氏だが、その一方で世界には同性から熱く支持される女性がいる。

 ブリジット・マクロン。フランスのエマニュエル・マクロン大統領(39才)の24才年上の夫人であり、小池氏と同年代の64才だ。

 夫妻の出会いは約20年前。マクロン氏は15才で、ブリジットさんは彼の通う高校の教師だった。当時の彼女は既婚者で3人の子供がいたが、2回り年下の彼と許されぬ恋に落ちた。結局、夫との離婚に踏み切って2007年にマクロン氏と再婚した。

 今年5月の大統領選でマクロン氏が39才の若さで勝利したのちは、「プルミエール・ダム」(ファースト・レディー)として絶大な人気を誇る。

 そんな彼女の単独インタビューを掲載した雑誌『ELLE』は、ここ10年間で最高の売り上げを記録し、日本でも女性ファンが急増中だ。

 元フランス文学の教師ということもあり、知性と教養を備えるブリジットさんはファッションセンスも抜群。今年5月のG7では白いジーンズに真っ赤なセーター姿で並み居る首脳夫人を圧倒した。彼女の魅力をフランスで20年暮らしてきた医師・岩本麻奈さんが語る。

「ものすごい美人ではないけど64才とは思えないスタイルでメイクはナチュラル。無理して若さを保っていないことも人気の秘訣です。ユーモアがあるのに知的で、大統領が財界の寵児となり高収入の時でも、高校教師を続けて自分の仕事に誇りを持つ点もフランス女性から支持されます」

 若き大統領との関係も好感度を高めている大きな理由だ。「ブリジットは、ある意味、(エマニュエルの)目であり耳でもある」――フランスの新聞『Le Parisien』(4月3日号)がこう伝える通り、ブリジットさんはマクロン氏の実務を徹底的にサポートしている。例えば、大統領選では常に夫に同行し、集まった人たち全員と握手をする一方、忙しい夫とほかの政治家の連絡係を務め、服装・メイクをすべてチェックしてスピーチを添削するなどして、夫を支えた。前出の岩本さんが続ける。

「立ち位置がそれぞれ違うので一概に比べられませんが、小池さんと違い、ブリジットさんは男性と正面からぶつからない。フランス人は自己主張が激しいですが、ブリジットさんは一歩引いて夫を立てているように見えます。日本人的な“内助の功”もありますね。“若い男に走った女”と色眼鏡で見られてもおかしくないのですが、彼女は年齢を重ねてあらゆる面で成熟し、男性だけでなく、すべての人に対する優しさがあります。だから女性からも反感ではなく、好感を持たれるんです」

 国民を束ねる女性リーダーとして支持を得るには、ブリジットさんが備える「優しさ」が必要だと国際政治学者の三浦瑠麗さんが言う。

「政治には、組織を率いる能力も必要。権力を振りかざすよりも人間的な側面を仕事に持ち込み、部下を慈しむことができれば、組織のさまざまなことがスムーズにいくようになります。その上で言うべき時にビシッと言えば、誰もが納得するはずです」

 横文字が大好きな小池氏だけに、ブリジットさん流の「アムール」(愛)から「愛され方」を学んでほしい。

※女性セブン2017年11月2日号

関連記事(外部サイト)