「チョコレート」と「自由な人間主義」には関係がある

「チョコレート」と「自由な人間主義」には関係がある

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 お正月気分が落ち着くと、街はバレンタインデー一色になる。デパートの催事もチョコレートにまつわるものが始まり、珍しい美味しいチョコレートを食べられる季節だと自分用に買う人も最近は多い。イラクの小児がんの子どもの医療支援や福島支援のための「チョコ募金」が始まったときの思い出を、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が綴る。

 * * *
 毎年この時期になると、ぼくの頭は甘いチョコレートのことでいっぱいになる。ぼくが代表をしている日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)が行なっている「チョコ募金」のことだ。

 イラクの小児がんの子どもの医療支援や福島支援のために、募金をいただいた方にチョコレートをプレゼントするというもの。毎年、チョコレートの缶にイラクの子どもたちが描いたイラストをプリントしているが、この缶を楽しみに募金してくれる人も少なくない。

 今年は、19歳のサブリーン、通称スースが子どもの絵を描いてくれた。明るく、ポップな印象のイラストだが、よく見ると子どもたちは感染予防のマスクをし、点滴を受けていたりする。小児がんや小児白血病の子どもたちにとっては、日常の風景である。

 マスクといえば、ぼくにはちょっと感慨深い。JIM-NETは日本から看護師を派遣し、イラクの病院スタッフに、感染症対策をレクチャーしたことがある。マスクと手洗いが徹底されていることが、スースの絵からも伝わってきた。

 スースのイラストには、サッカー選手にあこがれたり、ペットをかわいがったりする子どもも描かれている。厳しい闘病をしている子どもも多いが、彼らの生活が病気一色でないことにも、どこかほっとしてしまう。

 実は、スース自身、重い病気と闘ってきた。10歳で卵巣がんを発症。手術をしたが再発の地獄をみた。抗がん剤治療でがんを抑え込み、現在は完治に近い状態にまでなった。

 彼女はJIM-NETのスタッフになり、イラク南部のバスラの小児がん病院で、子どもたちの先生として働いている。現在、闘病中の子どもたちにとっては、がんを克服したスースは、あこがれの存在であり、心の支えにもなっていることだろう。

 スースは、自身の闘病時代、ある少女から大きな影響を受けている。スースの本名と同じサブリーンという名の少女である。年はスースより少しお姉さんだった。

 1994年生まれのサブリーンは、イラク戦争が始まったとき9歳。その2年後、11歳で目のがんになった。ぼくたちの支援で手術を受けたが、彼女のがんは質が悪く、がんは体中に浸潤していった。脳へと転移が始まったときには、強烈な頭痛に苦しんだ。当時イラクでは放射線治療ができず、隣国イランまで治療に連れて行ったこともある。ぼくたちの支援によって、当時としてのできるだけの治療を受けられたことを、彼女はよく理解していて、ぼくたちに感謝してくれた。

 でも、いちばん喜んだのは、病院で勉強できたことだ。彼女の家は貧しく、学校にも行けなかった。ぼくたちは元教師をスタッフに迎え、院内学級を始めていた。サブリーンはそこで初めて勉強し、絵を描くことを覚えた。

 ぼくたちはサブリーンの絵を、チョコ募金に添えることにした。決して上手な絵ではないが、多くの人の目にとまって、たくさんの人がイラクの子どもの医療支援に協力してくれることとなった。

◆義理チョコよりも大事なものがある

 そのことを病床のサブリーンに報告すると、とても喜んでくれた。これが今年13年目になるチョコ募金のはじまりである。

 初めはバレンタインデーに義理チョコをあげるんだったら、イラクの子どもたちのために協力してください、と呼びかけた。回を重ねるうちに、義理チョコだけでなく、結婚披露宴で配ったり、退院の内祝いに使ったり、といろいろな用途でチョコレートを使ってくれる人が増えた。

 もちろん、六花亭製のチョコレートがおいしいからと、毎年、買ってくれるリピーターも多い。募金してくれたチョコレートの数は、累計10万個以上。おかげでぼくたちは3億円以上の医薬品を、イラクの小児がんの病院に届けることができた。

 過激派組織ISが台頭してからは、難民キャンプにも薬を供給。難民となった医師や看護師たちが難民を助けるシステムもつくってきた。昨年1月には、イラク北部のアルビルに、日本の外務省の支援を受けて、JIM-NETハウスを開設。シリア難民やイラク国内避難民となった人たち、地方から来た人たちは子どもが入院治療している間、寝泊まりする場所がない。そこで、家族のために無料で宿泊できる場所を設けたのだ。

 ここでは一時退院した子どもも一緒に寝泊まりできる。小児がん包括支援施設である。今後は、こうした施設を増やしたい。そのための資金は、チョコ募金のご厚意を充てさせてもらおうと思っている。

 2009年、サブリーンは15歳で亡くなった。その直前、たくさんの絵と、次の言葉を残した。

「私は死にます。でも、幸せでした」

 チョコ募金については「私は死んでしまうけれど、ほかの病気の子どもたちが助かるなら、私はうれしい」と語った。ぼくは、日本で訃報を聞いた。とても悲しかったが、人間はなんと素敵なんだろうとも思った。そして、なぜだか「自由」という言葉を思い出した。

 福沢諭吉は、「Free」の日本語として、「自由」という言葉を創作した。自由とは「自らを由とすること」と解釈したのである。

 戦争の国に生まれて、貧しさに苦しみ、病気が体を蝕んだ。そんな何重もの苦難でがんじがらめになった人生なのに、ほかの病気の子どものことを考え、自らの信念をよりどころにして、ひたむきに生きた15歳の少女。こういう「自由」の形もあるのだ。

 自由を声高に叫ぶ人たちは、自分の自由ばかり主張する「自分ファースト」に陥っていないだろうか。その自由は、自分とは違う相手に対して不寛容で、排他的である。そんなのは、本当の自由ではなく、自分勝手なだけだ。

 昨年11月末、ぼくは『忖度バカ』(小学館新書)という本を出した。その中で「自由な人間主義」について書いている。右とか左とかイデオロギーに縛られない。一つの原理主義に染まらず、フレキシブルに変化していくことができる生き方を、カマタ流にそう呼んだ。

 そして、この「自由な人間主義」は、人間が生きるうえで大切な「命」や「幸せ」という価値基準があるからこそ、フレキシブルに変化していけるのだ。自由はあなたの手のなかにある。2018年の年頭に立って、今年はその自由で何をするのか。甘いチョコレートを味わいながら、素敵な企みをしてほしい。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。近著に、『人間の値打ち』『忖度バカ』。チョコ募金は4缶1セットで2200円(送料別)。申し込みはJIM-NETのホームページにて(http://jim-net.org/)。

※週刊ポスト2018年1月26日号

関連記事(外部サイト)