玄松月団長の態度に見え隠れする金委員長の威光と嗜好

玄松月団長の態度に見え隠れする金委員長の威光と嗜好

平昌五輪の最大の見所は北朝鮮美女?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、三池淵管弦楽団の玄松月団長に注目。

 * * *
 平昌冬季五輪における北朝鮮への特別扱いが、賛否を巻き起こしている韓国。「北朝鮮は特別」、世界中にそんなイメージを抱かせたのは、なんといっても「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」団長、玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏の存在だ。

 三池淵管弦楽団は、北朝鮮が平昌冬季五輪に派遣するために構成した女性楽団。その公演準備のため訪韓した玄氏を、韓国はスター並みの警護と厚遇で迎えた。やってきた玄氏は、落ち着いた色のコートに毛皮のストールという出で立ち。視察に訪れた江陵でバスを降りると、顔を上げ、まっすぐに前を見たままにこりともせず、大勢の人に取り囲まれながら歩いていく。

 公演予定のアートセンターでは、出迎えた3人の男性に作った笑顔で「こんにちは」と挨拶しながら、握手を交わした。といっても、最初の相手は顔をちらりと見ただけで、相手が頭を下げても玄氏は頭を下げず、軽く握手をしたのみ。隣に並ぶ2人目に対しては顔も見ずに握手しだけ。通り過ぎようとしたが、声をかけられ振り向いた。3人目の相手が頭を下げて手を出しても、彼女が頭を下げることはなく、おざなりに握手をして終わる。

「自分は特別な存在」、彼女自身、そんな風に自分のことを思っているような印象だ。そういえば軍事境界線の板門店にある北朝鮮側の施設で、芸術団の派遣に関する南北の実務者会談が開かれた時も、彼女は握手したものの、韓国側の人々に頭を下げることはなかった。

 自分は特別というだけでなく、北朝鮮は韓国よりも上という意識が彼女の中に強いのだろう。というのも、玄氏は、北朝鮮では牡丹峰(モランボン)楽団の団長として、また元歌手でありながら、初めて朝鮮労働党中央委員会の委員候補となったことで有名。金正恩朝鮮労働党委員の愛人と噂されたこともあり、金委員長と直接、接触できる人物と言われているからだ。

 彼女が印象づける特別感も、それを威厳があると評するメディアがあるのも、そんな金委員長の威光があるからこそだ。だからこそ、ふてぶてしいほどの振る舞いをしないと、自分の地位だけでなく命までが危うくなってしまう可能性があるのかもしれない。彼女の振る舞いを見ていると、本人がどう思うかより、その姿が金委員長の目にどう映るかが重要なのではないかとさえ思えてくるからだ。

 さて、北朝鮮ではもう1人、玄氏と似たような態度と表情を見せた女性がいる。それは北朝鮮の外務省北米局局長の崔善姫(チェ・リンヒ)氏だ。“上司よりも偉い通訳”と言われていた彼女は、通訳でありながら2016年に局長に就任した人物だ。やはり金委員長と接触可能な対米交渉のキーマンである。

 北朝鮮から、このような表舞台に出てくる女性はほとんどいないだけに、この2人の存在は目立つのだが、並べてみると、どこか雰囲気が似ていないだろうか? そしてここにもう1人、金委員長の妻、李雪主(リ・ソルジュ)氏を並べてみると、3人の顔形や体型などが、どことなく似ていることに気がつくだろう。

 北朝鮮で女性が要職に抜擢され、金委員長に信頼されるには、家柄や能力はさることながら、彼好みの容姿がなければならないということだろう。裏を返せば、表舞台に出てくる女性の容姿から、金委員長がその問題をどれだけ重要視しているかが推測できるように思える。

 開幕が迫る平昌オリンピック、もうすぐ金委員長好みの北朝鮮美女たちが日々テレビの画面を賑わすことだろう。

関連記事(外部サイト)