元重慶市トップ息子と交際の元老孫娘が香港財閥御曹司と結婚

元重慶市トップ息子と交際の元老孫娘が香港財閥御曹司と結婚

元老の孫娘の結婚が話題に

 中国建国の元勲で、かつての最高実力者、トウ小平氏とともに「8大元老」の1人だった陳雲・元中国共産党政治局常務委員の孫娘が香港の財閥の御曹司と結婚していたことが分かった。

 この孫娘は7年前、恋人だった党最高幹部の息子とともに、多くの警察官を護衛代わりに引き連れて、チベット自治区の景勝地に観光旅行に行き、その熱愛ぶりが一目で分かるツーショット写真400枚がネット上に流れて話題になったこともあった。それだけに、ネット上は「安全で、金のある男に乗り換えた。節操のない女だ」などとの声が出ている。

 香港紙「明報」や「リンゴ日報」によると、陳雲氏の孫娘、陳暁丹さん(35)と結婚したのは香港の高級衣料製造の財閥系企業「MR SIMAK LTD」のA・J・マック副会長(37)。

 2人は南アフリカのワイナリーにある教会で結婚式を挙げており、ツーショット写真や式の列席者らの写真が香港の友人のインスタグラムで公表されたことから、2人が結婚したことが分かったもの。

 暁丹さんの父は元中国国家開発銀行総裁で、現在は中国人民政治協商会議(政協)副主席。祖父は副首相などの要職を歴任した古参の大幹部であり、中国共産党政権の革命一家の中でも名門中の名門。

 暁丹さんは、そのような家庭で何不自由なく育ち、ハーバード大学のビジネススクールを卒業、投資銀行のモルガン・スタンレーに就職し、香港支社に勤務。ハーバード大学時代に、当時の党政治局員だった薄熙来・重慶市党委書記の息子でやはり同大に留学していた薄瓜瓜氏と知り合い、同棲同然の関係だった。

 2人の交際が知れ渡ったきっかけが、2人のチベット自治区観光の際のツーショット写真で、400枚以上がネット上に流出したこと。2人は結婚寸前だったといわれる。しかし、結婚に至らなかったのは、薄熙来氏の妻が英国人知人男性を殺害したことが明るみに出て、薄氏が事件のもみ消しに動いたことや多額のわいろを受け取っていたことが分かり、2012年春には逮捕され、失脚したためだ。

 その後、瓜瓜氏は中国には帰国せず、いまも動静は伝えられておらず、消息は不明のままで、2人の関係は事実上、終わったようだ。

 それから6年後、暁丹さんの結婚情報が舞い込んできたことになる。結婚相手のマック氏は米カーネギー・メロン大学を卒業後、父が会長を務める「MR SIMAK LTD」に入っており、将来の後継者と目されている。

 暁丹さんといえば、薄瓜瓜氏との恋愛関係が有名なだけに、ネット上では「大幹部の娘は愛情よりも血統と財産の方が大事なのだろうな」などとの声が出ている。

関連記事(外部サイト)