北朝鮮「美熟女団長」は金正日の“最後の愛人”だった

北の美熟女団長・玄松月氏は金正日氏の"最後の愛人"か 金正恩氏と男女の仲との噂も

記事まとめ

  • 平昌五輪を前に韓国を訪れた北朝鮮の管弦楽団団長・玄松月(ヒョン・ソンウル)氏
  • 06年頃に表舞台から姿を消し「金正恩氏と男女の仲になり父の逆鱗に触れた」との噂が
  • 「実際は金正日氏の最後の愛人になったから」との情報、ポルノビデオ出演の噂まである

北朝鮮「美熟女団長」は金正日の“最後の愛人”だった

北朝鮮「美熟女団長」は金正日の“最後の愛人”だった

銃殺されたとの報も流れたが…(AFP=時事)

 平昌五輪での公演を前に1月21日から韓国を訪れた北朝鮮の「五輪視察団」。その中でひときわ目を引いたのが、シルバーフォックスのファーコートを優雅に着こなす管弦楽団団長の玄松月(ヒョン・ソンウル)氏だ。韓国メディアはこの美熟女の動向を追うため大騒動を繰り広げた。

「取材団は視察団に張り付き、『朝食はアワビ粥』、『バッグはエルメス』などと彼女の一挙手一投足を熱心に報じたが、一般市民からは『まるで大名行列』、『北朝鮮のプロパガンダに乗るな』と批判の声も上がっていました」(韓国紙記者)

 そもそも玄氏はどのような人物なのか。北朝鮮情勢に詳しいデイリーNKジャパン編集長の高英起氏が語る。

「玄氏の年齢は40歳前後で、北朝鮮のかつての大スター歌手です」

 玄氏は1990年前半、平壌音楽舞踊大学を卒業。後に故・金正日総書記の肝いりで結成された普天堡(ポチョンボ)電子楽団で歌手として名を馳せた。

「玄氏は2006年頃に表舞台から姿を消し、『金正恩と男女の仲になったことが金正日の逆鱗に触れ、粛清された』との噂が流れた。だが実際は、『金正日の“最後の愛人”になったから』との有力証言を北朝鮮の情報筋から得ています」(前出・高氏)

 玄氏にまつわるスキャンダルは他にもある。2013年には、北朝鮮で“ご法度”とされるポルノビデオに出演、販売に関与した嫌疑がかけられ「公開銃殺刑にされた」と朝鮮日報が報じた。

 死んだはずの玄氏がその後、金正恩が立ち上げた北朝鮮版ガールズグループ「牡丹峰楽団」の団長に就任したことで、結局は韓国メディアの誤報だったことが分かった。現在は、朝鮮人民軍大佐、朝鮮労働党宣伝煽動部副部長などの要職を兼任する。

「一歌手としては異例の出世です。金正日の寵愛を受けた彼女が金ファミリーに近い存在であることは間違いない」(高氏)

 玄氏は平昌五輪開催期間に再び訪韓を予定しているというが、謎多き北朝鮮美熟女が率いる美女楽団は、いまいち盛り上がりに欠ける五輪の起爆剤となるのだろうか。

※週刊ポスト2018年2月9日号

関連記事(外部サイト)