中国人大富豪 「汗血馬」の子孫集め武帝の騎馬軍団再現へ

中国人大富豪 「汗血馬」の子孫集め武帝の騎馬軍団再現へ

富豪の夢は騎馬軍団の再現だった

 かつて中国で「汗血馬」と呼ばれ、1日に千里(現在の500km)以上走ったと伝えられ、その子孫とされる「アハルテケ」300頭が中国新疆ウイグル自治区に集結していることが分かった。

 中国の大富豪で実業家の陳至峰・野馬集団会長が2009年からこれまで20億元(約344億円)をかけて買い集めたもので、陳氏は「漢(紀元前206~220年)の第7代皇帝の武帝(紀元前141~同87年)が成し遂げた大騎馬軍団の再現を目指し、最終的には1000頭を集めたい」と自身が抱く壮大な夢を語っている。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 アハルテケは中央アジアのトルクメニスタン共和国が原産の現存する最も古い馬種のひとつで、別名「黄金の馬」と呼ばれている。

 もともとは武帝の時代に、中央アジアのフェルガナ地方に興ったアーリア系民族の国家である大宛に多く生息しており、武帝が大宛に派遣した部下の張騫(?~紀元前114年)が中国に持ち帰ったとされる。

 武帝はこの馬のまっすぐな頭部や長い耳、アーモンド型の目、長い背中にスリムな馬体、「黄金の馬」という別名の由来となった光沢のある毛並み、長い距離を走って疲れ知らずという運動能力など、この馬にすっかり魅せられたという。武帝が「この馬は血のような汗を流して走る」と表現したことが「汗血馬」の語源とされる、

 武帝は張騫に命じて、再び大宛に行き、この馬を多数連れてくるように命じたことから、張騫は3000頭以上の汗血馬を持ち帰っており、漢は大騎馬軍団を組織し、外征では他国の戦いでも連戦連勝したと伝えられる。

 このような武帝の大騎馬軍団の再現を目指したのが陳氏だ。陳氏がアハルテケを知ったのは2000年に当時の江沢民国家主席がトルクメニスタンを訪問した際、同国政府からアハルテケを贈られたこと。同国は2006年にも同国を訪問した胡錦濤主席にアハルテケを贈っている。

 この美しさに魅かれた陳氏は「馬は古代から中国のシンボルだった。いまはほとんど中国にはいなくなったアハルテケを再び集めよう」として、2009年からトルクメニスタンでアハルテケを購入し始め、1頭1億円以上する馬をいまは300頭所有。飼育員も100人以上雇い入れて、新疆ウイグル自治区のウルムチ郊外に「アハルテケ馬文化公園」を開園し、中国におけるアハルテケの拠点として、今後8年以内に計1000頭を集める予定だ。

 陳氏は「サウス」紙の取材に対して、「アハルテケは武帝の時代のシルクロードを通じた交流によってもたらされた。いまの習近平国家主席は一帯一路構想で、かつてのシルクロードを通じた交流を現在に蘇らせ、中国を強大な国家にしようとしている。私は今後、アハルテケを世界中で走らせて、中国のシンボルとして活躍させたい。これは習主席が訴える『一帯一路』や『中国の夢』の精神にかなっていると思う」などと語っている。

関連記事(外部サイト)