金与正氏 “ほほえみ外交”という名の凄腕文大統領掌握術

平昌五輪のため訪韓した北朝鮮・金正恩氏の妹、金与正氏 文在寅大統領の心を掌握か

記事まとめ

  • 北朝鮮・金正恩氏の妹で、特使として平昌五輪にやってきた金与正党第1副部長
  • 正恩氏の色しかなかった北朝鮮のイメージをその"ほほえみ"でガラリと変えてみせた
  • 文大統領に笑顔を向け、北朝鮮に好意的になるよう仕掛けていたのではないか、とも

金与正氏 “ほほえみ外交”という名の凄腕文大統領掌握術

金与正氏 “ほほえみ外交”という名の凄腕文大統領掌握術

五輪後のほほえみ外交の行方は?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、平昌五輪で完全に主役の座をさらった、北朝鮮の金与正氏に注目。

 * * *
“目は口ほどに物を言う”ということわざが、これほど当てはまる表情もそうないだろう。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働長委員長の妹で特使として平昌五輪にやってきた金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が、南北首脳級会談で文在寅(ムン・ジェイン)大統領に見せた表情は、相手を見下したように冷ややかだった。

 五輪の開会式では主役をかっさらったとまで言われ、これまで金正恩委員長の色しかなかった北朝鮮のイメージを、その“ほほえみ”でガラリと変えてみせた与正氏。だが何よりうまかったのは、彼女の人心掌握術ではなかっただろうか。

 開会式のスタンドで、後の段にいた与正氏に振り向いて手を指し出した文大統領。開催国の大統領として挨拶したと言えばそれまでだが、後の段とはいえ、与正氏の席は文大統領の一段上。与正氏が見下ろす形での握手となったが、彼女が文大統領に頭を下げることはなかった。

その後も挨拶したり、握手する機会があった二人だが、映像を見る限り、与正氏が頭を下げる姿は一度も見られなかった。

 韓国側に譲歩したような印象を残さないよう警戒した、というメディアもあるが、「自分はこれまで訪韓してきた北朝鮮の人間とは、立場が違うのだ」と示していたとも言えるだろう。彼女は訪韓時、視線を上に向けてまっすぐに前を見つめ、常に顎を上げていたからだ。顎を突き出すように上げる仕草は、権力や優越感、攻撃性を表していると言われる。

 南北首脳級会談では文大統領に手を指し出され、その手を軽く握り、一瞬、笑顔を見せた。ところが席に着くなり、与正氏の表情は一変し、顎が上がる。金委員長からの親書を手に、見下すような視線で目付きも鋭く冷やか、表情も冷淡。座り方も上半身を背もたれにあずけ、テーブルから身体が離れている。両手はテーブルの下だ。実に落ち着き払って冷静なのだ。

 ところが文大統領の仕草は、与正氏とは正反対。いく分、上気したような顔をほころばせて椅子に座ると、前のめりに身を乗り出した。テーブルに両手を上げると、一瞬、その手をこすりあわせ、揉んだようにも見えるではないか。

 文大統領の高揚感はハンパないということが、この仕草からわかるだろう。手をこすりあわせたり、揉んだりするのは待ち遠しさや期待感があるからだ。テンションMAXの彼には、与正氏がどんな表情や態度を見せようと目にも入らず、気にもならなかったのではないだろうか。いやもしかすると、潜在的に自分よりも金ファミリーのほうが格上と見ていた可能性もあるかも?とさえ思ってしまうほど、文大統領は彼女の態度を気にしていないのだ。

 さて、ここからが与正氏の巧みなところ。文大統領は御しやすいと見たのだろう。彼女の態度が友好的なものへと変わっていく。最初の見下すような表情とはうって変わって、昼食会の会場に向かう途中で撮られた写真では、文大統領と歩幅を合わせるように歩き、笑顔を向けているだけでなく、上半身を文大統領のほうに向けているのだ。

 ソウルで開かれた北朝鮮の三池淵管弦楽団の公演でも、文大統領の隣の席で観覧。前を向いて舞台を見る文大統領のほうを向き、柔らかい表情を見せて話しかけている与正氏の姿が撮られている。文大統領が北朝鮮にさらに好意的になるよう、仕掛けていたのではないだろうか。

 というのも、公演が終わって立ち上がった与正氏は、文大統領の顔を見ながら自ら彼の手を取って握ったのだ。それも相手を立てるよう、自分の手を下にして握手した。これがダメ押し。文大統領の心を完全に掌握したという印象だ。

 でもここで与正氏は、文大統領の手首辺りに左手を添えることも忘れなかった。両手で相手の手を挟むようにすると、握手の意味を自分から変化させることができる。添えた左手で手首を握れば、相手の動きを封じてしまうことさえできるのだ。相手を尊重したように見せかけて、その首根っこを押さえにかかる…、添えられた左手が北朝鮮の思惑そのものにさえ見えてくる。

 訪韓後、北朝鮮が公表した写真には、してやったり的な笑みを浮かべる金委員長と、身体を寄せて腕を組みうれしそうに白い歯を見せて笑う与正氏が写っていた。平昌五輪終了後、“ほほえみ外交”は一体どんな展開を見せるのだろうか?

関連記事(外部サイト)