カナダで尊敬される慰安婦問題仕掛け人の人生と活動

カナダで尊敬される慰安婦問題仕掛け人の人生と活動

反日グランドマスターことジョセフ・ウォン氏

 我々の目の届かぬ海の向こうで、「歴史戦」は着々と進行していた。昨年10月26日、カナダの中心部・オンタリオ州議会で12月13日を「南京大虐殺記念日」とする動議が出され、出席議員の全員賛成で可決された。これは華人系議員により提起されたもの。実は、同州は南京事件に限らず、尖閣や慰安婦問題でも、活発な動きの見られるエリアとして知られる。それらの動きを辿っていくと、一人の運動家の存在に行き着く。ジョセフ・ウォン(69)。これまで日本メディアにもほとんど知られていない「反日グランドマスター」の正体を追って、安田峰俊氏がカナダに飛んだ。

 * * *
「ここはほんとうに良い場所よ。私たちは幸せ。ジョセフさんは日本人にも中国人にも別け隔てなくて、すごく良い人なの……」

2月5日朝、カナダ・オンタリオ州トロント市郊外。マイナス7度の寒気が襲う極寒の地で、私は奇妙なアクセントの日本語を話す老婆たちと向かい合っていた。 戦前に同国で生まれ育ち、大戦中に強制収容の苦労も味わった90代の日系カナダ人たちだ。

 彼女らの終の棲家は、入居者4000人以上を擁する華僑系の老人ホーム、頤康中心(イーホンセンター)だ。建物の一部は日系人の専用エリアで、老人たちの塗り絵や日本語の掲示物が溢れる。所長は香港出身の医師で慈善家のジョセフ・ウォン(王裕佳、ウォンユーガーイ)。過去に数多くの表彰を受けてきた街の名士だ。

「日系人もまた、第二次大戦の被害者。戦争はいけません。平和を求めなければ」

 だが、慈悲深い笑みを湛えてそう語るジョセフには別の顔がある。

 彼は対日歴史問題を追及する北米有数の華人系ロビイスト組織「アルファ・エデュケーション」(以下、AE)の設立者。過去20年以上にわたり、トロントを拠点に多方面で歴史戦を展開してきた張本人なのだ。

「ユダヤ人のコミュニティから発想を得ました。彼らはホロコーストの被害を、ドイツのみならず世界に対して伝えている。しかし、同じく多くの犠牲者が出たアジアの被害は、欧米であまり知られていません。アジア人の命が欧米人よりも軽いはずはない。この問題を世界的に啓蒙することこそ正義だと考えたのです」

 長年にわたり、尖閣・南京・慰安婦と様々な分野に手を広げたジョセフの経歴は、まさに「反日グランドマスター」とでも呼びたくなる。しかし、本人は意外なほど知的かつ温厚で、イヤな印象をまったく感じさせないのが特徴だ。

◆世界的ベストセラーへ

 ジョセフが本格的に対日本の抗議運動にのめりこんだ契機は、1996年に盛り上がった尖閣問題だった。当時、すでに現地華人社会の名士だった彼はトロントに尖閣抗議団体を設立。バス4台で華人住民を引き連れ、首都オタワの日本大使館に抗議に向かった。

「釣魚台(尖閣諸島)は、中国が日清戦争により日本に奪われ、さらに大戦後も未返還になっている場所。日本政府がこうした地域にこだわる姿勢を示すことは、軍国主義の復活や日中間の戦争につながる。避けるべきだと考えました」

 そう考えたジョセフは、やがて尖閣問題の原因が過去の日本の侵略にあると考え、翌1997年に抗議団体を対日歴史問題の追及組織(AEの前身)に改組することになる。

 当時のジョセフの活動で目を引くのは、米国の華人系女性作家アイリス・チャン(張純如、ヂャンチュンルゥ)が1997年に出版した『ザ・レイプ・オブ・南京』(以下、『南京』)の事実上の仕掛け人となったことだ。

『南京』は当初、刊行を渋られるようなマイナー書籍だったが、彼は英語で書かれている同書が、欧米圏で南京大虐殺をアピールするうえでは格好のテキストになると確信したという。

「出版社に交渉して定価の半額で2000冊を買い付け、みずから売り切りました」

 さらに著者のアイリスに連絡を取り、バンクーバーとトロントを訪問させ、人脈を活かして多くのメディアに売り込みをかけた。

 結果、『南京』は世界的なベストセラーとなる。同書は米国内に複数の仕掛け人がいたが、カナダのジョセフもその一人だったのだ。もっとも、『南京』は引用写真や記述の間違いの多さが指摘され、学術的には問題が多い書籍でもある。

「アイリスは学者ではなく著述家です。書中の資料や調査には完璧とは言えない部分はありました。ただ、長期間のリサーチを通じた労作なのは確かです。従来、欧米に知られていなかった南京大虐殺について、理解の間口を広げた功績は大きい。過去を学ぶ上では有用な書籍だと思います」

 ジョセフはそう説明する。

◆南京でスタディツアー

 やがてジョセフは2004年ごろから教育分野に注目。オンタリオ州議会や行政へのロビー運動や、歴史問題ドキュメンタリー映画の制作支援を盛んにおこなうようになっていく。

 ジョセフが率いるAEは2005年、州の教育庁に働きかけて、アジアでの大戦被害の「真実」を州内の高校の必修カリキュラムに組み込ませることに成功する。アイリスの著書をはじめ、歴史問題関連書籍を高校900校の図書館に寄贈する運動も開始した。

「中国政府や、他の歴史問題団体の一部は南京大虐殺の犠牲者を30万人だと主張していますが、AEが認可したティーチング資料はすべて、東京裁判の判決を根拠として『20万人以上』と書く立場です。むやみに数字を誇張することは避けなければいけない。もっとも、人数は本質的な問題ではありません。1937年の南京で多くの人が亡くなったことが、最も重要な問題だと考えています」

 AEは州内の高校教師ら25人ほどを、南京やソウルの抗日博物館に送り込むスタディツアーも実施している。

 同ツアーの参加者だった台湾系カナダ人のティファニー・ションは、AEの支援を受けて慰安婦ドキュメンタリー映画『謝罪』(2016年)を制作。中国や台湾の慰安婦関連組織と連携している。また、昨年秋に州議会で南京動議を提唱したスー・ウォン議員もAEとの関係は非常に密接だ。

 数多くの「弟子」たちが生まれていることも、ジョセフの影響力の大きさを感じさせる。

※文中敬称略

【プロフィール】やすだ・みねとし/ノンフィクションライター。1982年滋賀県生まれ。立命館大学文学部卒業後、広島大学大学院文学研究科修了。当時の専攻は中国近現代史。著書に『和僑』『境界の民』『野心 郭台銘伝』など。

※SAPIO 2018年3・4月号

関連記事(外部サイト)