金賢姫「北朝鮮は話し合える相手ではない」と断言していた

金賢姫「北朝鮮は話し合える相手ではない」と断言していた

落合信彦氏のインタビューに応じた金賢姫

 平昌五輪を機に、文在寅政権は「南北融和」を演出した。しかし、韓国がどんなに友好的態度を取ろうと、金正恩は決して核開発を止めない。長年、北朝鮮について取材してきた落合信彦氏が、かつてインタビューした大韓航空機爆破事件の実行犯・金賢姫の印象的な言葉を紹介する。

 * * *
 私は北朝鮮の異常さを繰り返し訴えてきた。が、いまだに核ミサイル問題を「話し合い」で解決できるという日本のメディアや政治家がなくならない。北朝鮮の正体が何もわかっていないのだ。

 そこで、これまで私がインタビューしてきた脱北者たちの証言を元に改めて警告しておこう。

 昨年11月20日、トランプ政権は北朝鮮をテロ支援国家に再指定した。そのこと自体は評価できるが、そもそも、2008年に指定を解除したブッシュ(ジュニア)政権に問題があると言える。当時、指定を外す見返りに北朝鮮が核開発を停止してくれるのではという期待がアメリカ側にあった。ナイーブとしか言いようがない。筆者は、レーガン政権が1988年に北朝鮮をテロ支援国家に指定する契機となった大韓航空機爆破事件(1987年)の実行犯・金賢姫にインタビューしたことがある。1993年のことだ。その時、彼女は北朝鮮が話し合いのできる相手ではないことを断言していた。

「もし金正日が話してわかる人間なら、北朝鮮は今のような状態ではなかったでしょう。とっくにもっと良くなっています。日朝会談にしても、すでに進展や成果があったはずです。

 金正日は普通の理論や常識が通じる人間ではありませんし、話し合いで事を解決するような人間でもありません。それは彼がこれまでにやってきたことを見れば明らかではないですか。

 ビルマのアウン・サン廟、金浦空港爆破事件、それに私が直接の命令を受けた大韓航空機爆破など、こういうことは平和時にはまずあり得ないことですし、普通の常識から考えてあってはならないことです。これらのことを金正日が指導してきたという事実は、彼がいかに世界のルールや常識を無視した人間であるかを雄弁に物語っています。彼はごく当たり前の常識さえ通じない小さな自分だけの世界に住んでいるのです」

 このことは支配者が子の金正恩になってからも変わっていない。北朝鮮の核ミサイル問題は話し合いで解決できるわけがないのだ。

 一方で、放っておけば北朝鮮はそのうち内部から崩壊すると期待する者たちがいる。しかし、それもまた甘い夢想であることを金賢姫は指摘していた。

「人民の生活があまりに悲惨なので、以前とくらべて一般の人々の不満が少しずつ表面化してきているという話は私も聞いていますが、それはシステムに対する組織だった暴動ではなく、単に食物欲しさに一部の人々が動いているといった程度のことだと思います。北朝鮮のような社会で組織だった暴動を起こすには、大変な勇気がいります。それこそ命がけでやらねばならないことだし、はたして一般人民がついてくるかというと大いに疑問です」

 そして、現在の文在寅・韓国の平和ボケを予言するかのような言葉を発したことが大変印象に残っている。大韓航空機爆破事件から6年しか経っていなかった当時、すでに韓国では北朝鮮への関心が薄まり、緊張感が感じられなくなっていた。平和ボケに陥ってしまったのか、という私の質問に彼女はこう答えた。

「それは私も感じています。多くの人々が北について知りたがっているし、統一を願ってはいますが、北がいかに経済的に貧しく、金体制がいかにひどいかなどという話には、あまり関心を持たないんですよね。実感もできないようですし、『北朝鮮はもともとそういう国家よ』と言ってまるで無関心なのです」

※SAPIO 2018年3・4月号

関連記事(外部サイト)