12歳少女、髪の毛を売って出稼ぎ母と通話した逸話が感動呼ぶ

12歳少女、髪の毛を売って出稼ぎ母と通話した逸話が感動呼ぶ

1m以上もあった自慢の髪を…

 中国陝西省の山間部に住む12歳の少女のエピソードが中国で感動を呼んでいる。ほぼ1年中出稼ぎに出ている母の声を聞きたいと、彼女は携帯電話を買うために、小さな頃から数年かけてお尻まで伸ばした自慢の長い髪の毛を売ったのだ。ただ、通話料金が高く、「少ししか話すことができないので、折角、携帯電話を買っても、電話をかけないほうが良いみたい」と少女は屈託なく話しているという。

 中国では両親が都市部に出稼ぎに行き、年間のほとんどを留守にしている家庭の「置き去り児童」が約6800万人にも及んでおり、その多くが貧困レベルのため、食事も満足にできない児童も多く社会問題化している。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 この少女は何晶晶さんで、小学校の同級生が携帯電話のテレビ画像を使って話をしているのを見て、無性にお母さんと話をしたくなり、同居している祖母に相談して、1m以上もあった自慢の髪の毛を切って売ったという。

 それで得た300元(約5100円)で携帯電話を買ったものの、テレビ画像でのやり取りをする機能はついておらず、母の顔を見ることができなかったという。

 何さんの母は夫と離婚。何さんを育てるために出稼ぎに出るようになっており、なかなか帰ることができず、何さんの世話は祖母がみている。何さんは祖母が鶏を飼ったり、小さいハーブ畑を耕しているのを手伝っているという。

 祖母は同紙の取材に対して、「晶晶はクラスで5番以内の成績なので、できれば大学に進ませてやりたいが、いまの私の稼ぎでは無理」などと涙ながらに話している。

 何さんの家は電気も通っておらず暗いため、何さんは日があるうちに外に出て、学校の宿題などを仕上げているほどだ。

 時折、祖母と一緒に20km離れた町の市場で鶏を売っており、何さんも「うちの鶏は美味しいわよ。買ってください」と一生懸命声を枯らして手伝っている。この日は鶏2羽が売れ、162元(約2800円)の現金収入を得ることができた。

 何さんは祖母からご褒美に10元(約170円)もらい、手袋を買おうと思ったが、「手袋は5元もして高いから、買うのを止めた」と同紙に話していたという。

 北京師範大学と中国政府直属の「中国発展研究センター」の調査では、中国の児童約4000万人が「貧困レベル」状態にあり、年間所得は農村部では4213元(約3万円)、都市部では9659元以下(約17万円)だという。

関連記事(外部サイト)