台湾で発売された『大東亜戦争肯定論』 現地読者の反応は

台湾で発売された『大東亜戦争肯定論』 現地読者の反応は

「八旗文化」社長の富察氏

 昨年、台湾で“禁断の書”が発売された。『大東亜戦争肯定論』。もとは1963年、文芸評論家の林房雄氏が中央公論誌上に発表した論考で、林氏は先の大戦を「東亜百年戦争」「歴史の定めた運命」と位置づけた。当時の主流は、あの戦争は帝国主義による植民地簒奪戦争だったという考えだ。それだけに左派論壇から大きな反発を招く一方で、敗戦から眼を背けていた日本人に示唆を与えた。台湾の人々は、この本をどう読んでいるのか。ノンフィクションライターの西谷格氏がリポートする。

 * * *
 中国語版を刊行した出版社「八旗文化」の社長兼編集長・富察氏(47歳)は、「これまで『日本が一方的に侵略を開始した』とだけ教えられてきましたが、これは歴史を単純化している。台湾では、日本の右派の見解を紹介する本は少なく、言論空間に空白があった。私はその空白を埋めたいと思っています」と、その出版意図を語った。

 では、読者の反応はどうなのか。ネット上のレビューを読むと、「侵略の言い訳」、「責任逃れをしている」といった厳しいコメントが目立つ一方、一定の理解を示すものもある。

 実際に読者に会ってみた。花蓮市の東華大学で日本統治時代の台湾史を学んでいるという黄彦傑氏(大学生・20歳)は、「台湾人の歴史観は、国民党に洗脳されてきた。今こそ、新たな歴史観を得なければならない」と語った。彼は、本書の内容に概ね賛同を示した。

「結果的に見れば、大東亜戦争によって東アジアの独立が果たされたのは間違いありません。また、東京裁判の誤謬性についても同意します」

 ここまでは日本の保守派とも主張が一致する。だが、最後にこう付け足した。

「日本は戦争における台湾人犠牲者に対し、謝罪する必要があると思います」

 黄氏の祖父は、かつて日本兵としてパプアニューギニアに渡って死の淵を彷徨い、戦後、台湾に戻った。だが、日本政府から十分な補償は受けられなかった。次の言葉からは、台湾人の日本に対する思いの深さと複雑さが伝わるだろう。

「私にとって、日本はもう一つの祖国。日本のことが好きだからこそ、台湾に謝罪して欲しいと思うのです」

 次は、発売直後に本書を購入したという許剣虹氏(会社員・34歳)である。

「私が最も興味を抱いたのは、13章で『日本の“東亜百年戦争”を期せずして中共が継承したことになる』と書かれていた部分です。中国は今まさに戦前の日本と同じ道を歩んでいる」

 幕末の日本が欧米のトラウマを払拭するための100年。同じ歩みを、1949年に誕生し、文革や改革開放を経て、現在は覇権国としての地歩を築かんとする中国に見た、と許氏は語る。

 林は〈もし近い将来に東洋に戦争が起こるなら、その主役は、もう日本帝国ではなく中共帝国である〉とも記している。昨今、欧米の中国研究者たちが2049年に現代中国は完成するという論考(ハドソン研究所中国戦略センター所長・マイケル・ピルズベリーによる『China  2049』が有名。同書の邦訳は、日経BPから刊行)を次々と発表しているが、今から半世紀前に、林はそれを予言していたともいえる。

 一方、「歴史の定めた運命」という考えには、否定的だ。

「私の祖父は国民党軍の兵士でした。祖国を守るために日本と戦った祖父のことを思うと、『歴史の運命』との主張を受け入れることはできません。ただ、もし私が日本人だったと仮定したら、受け入れていたかもしれない」

 ただし、「国や立場によって、様々な歴史観があってよいと思う」と許氏は続けた。その言葉は、今日に至るまで激動の歴史を歩んだ台湾人ならではの含蓄を帯びていた。

 同書への賛否はあれど、発表後半世紀以上を経て、海の向こうで反響が拡がっている。中国語版の裏表紙には「林房雄が本当に肯定したかったのは大東亜戦争というよりも、日本という国家だったに違いない」とあった。

 台湾人だけでなく、日本人にとっても、再読に値する一冊だろう。

【プロフィール】にしたに・ただす/1981年、神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、地方新聞の記者を経てフリーライターに。2009年から上海に渡り、週刊誌などで中国の現状をレポート。近著に『この手紙、とどけ! 106歳の日本人教師が88歳の台湾人生徒と再会するまで』など。

※SAPIO 2018年3・4月号

関連記事(外部サイト)