全人代・政協代表152人で資産67兆円 超富豪クラブの異名

全人代・政協代表152人で資産67兆円 超富豪クラブの異名

中国の「超富豪クラブ」の正体は?

 中国では現在、今年度の重要な政策を審議、決定する全国人民代表大会(全人代)と全国政治協商会議(政協)が開催中で、その代表者の総数5138人のうち、152人の総資産額は4兆元(約67兆円)に上り、昨年の3兆5000億元(約58兆5000億円)に比べて14%増となっていたことが分かった。

 この事実を伝えた米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」は「両会は『スーパー富豪クラブ』だ」と揶揄しているが、中国のネット上では「アメリカのトランプ政権もトランプ大統領を筆頭に、ビジネス界出身の大富豪が多い『スーパー・リッチ・クラブ』じゃないのか」との反論の声が出ている。

 全人代と政協とも日本の国会に相当し、1年に1度開催される重要会議で、全人代は衆議院、政協は参議院に例えられることもある。議員に相当する代表の数は全人代が2980人、政協は2158人で、その大半は党・政府幹部だが、とくに政協の代表は国民によく知られているビジネス界やスポーツ界、芸能界などの出身者が多い。

 VOAは毎年、中国人の長者番付を発表する「胡潤研究院」の最新調査の内容として、両会の代表のうち、個人の総資産額が20億元(約334億元)以上の代表は152人にも上っていると報じている。トップはインターネットサービス最大手「騰訊(テンセント)」創業者の馬化騰会長。2位は、2月にドイツ自動車大手ダイムラーの筆頭株主になった吉利集団(チーリーグループ)の李書福会長だった。

 同研究院による昨年の長者番付のトップ10の富豪10人の個人資産総規模は1兆6700億元(約28兆円)にも達している。世界銀行によると、この額は世界150カ国以上の国々の国内総生産(GDP)よりも多いという。

 これについて、VOAは中国の消息筋の話として、「長者番付にランクインされるような富豪は、中国全体の富豪のなかのほんの一部にしか過ぎない。なぜならば、中国の本当の大富豪は中国共産党指導部の最高幹部の親族であり、国家財産から毎年莫大な額の資産を流用している。彼らの資産は中国の現行の政治システム上、絶対に表には表れない仕組みになっているのだ」と伝えている。

 VOAのサイトの書き込み欄には「アメリカの法律は経済活動をもとに作られており、ウォール街の人々が恩恵を受ける仕組みになっているが、中国の法律は共産主義体制という政治が円滑に働くように組み立てられているため、党幹部が恩恵を受けるようになっているのだ」との声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)