中国最大のエネルギー企業トップが拘束 国際的疑獄事件に

中国最大のエネルギー企業トップが拘束 国際的疑獄事件に

中国のエネルギー関連企業大手の創業者が拘束

 中国のエネルギー関連の民間企業最大手で、世界のベスト500企業入りしている「中国華信能源」の創業者である葉簡明会長が経済犯罪に絡んで、中国当局によって身柄を拘束され取り調べを受けていることが明らかになった。

 また、同社が出資している投資会社、中国華信エネルギー基金会(ファンド)会長で、元香港特別行政区政府民政局長の何志平氏も昨年11月、チャドやウガンダの建設プロジェクト案件に絡んで、汚職の疑いで米政府当局によって逮捕されており、葉氏は国際的な疑獄事件に絡んでいたとみられている。ロイター通信やフィナンシャル・タイムズ紙が報じた。

 葉氏は福建省出身で、25歳のとき、衛生用品や化学肥料関連の会社を立ち上げ、その後、業績を伸ばして、事業を拡大。石油を中心としたエネルギー関連の中国華信エネルギーを創設した。

 同社は2014年から2017年まで4年連続で世界ベスト500企業入りし、年間の営業収益が2631億元(約4兆5000億円)に達し、従業員数は3万人に上る。

 エネルギー関連企業としては、中国の大手国有企業で3大エネルギー関連企業の中国石油天然ガス集団(ペトロチャイナ)、中国石油化工(シノペック)、中国海洋石油(CNOOC)に次いで、4番目の規模。民間では最大だ。

 その大企業の創業者である葉氏が突如、姿を消したのは今年2月中旬の春節(旧正月)前後のことで、中国当局との関係が強いとされる中国経済専門月刊誌「財新」が「葉氏が失踪。当局による身柄拘束か」などと伝えたことから、ロイター通信など海外メディアも葉氏の動向について一斉に報じている。

 葉氏はチェコのビール会社を買収したり、プロサッカーチームに投資しているほか、ロシア国営のエネルギー関連最大手のロシア石油の株式全体の14%を取得するなど、海外での派手な投資活動が目立っていた。

 また、中国華信エネルギー傘下の中国華信エネルギー基金会を通じて、チャドやウガンダなどへの投資を加速しており、アフリカ利権の開拓に積極的な動きを見せていた。ところが、昨年11月には同基金会の何氏が米当局に逮捕されており、不正な取引に関わり、国際的なマネーロンダリングを行っていたとみられている。

 また、葉氏は広東省を勢力基盤としている葉剣英・元中国人民解放軍元帥ら葉一族に連なっているとの憶測も流れているほか、若くしてビジネスの世界に飛び込み、40歳を前に世界ベスト500企業を率いるまでになったが、その素性は謎に包まれている。

関連記事(外部サイト)