『三国志演義』で名高い曹操の墓と遺骨発見か 河南文物考古研究院が調査によって断定

記事まとめ

  • 河南省安陽市の陵墓の主が、『三国志演義』で名高い曹操であることが断定されたという
  • この陵墓は2005年に発見されており、曹操の墓である可能性が高いと発表していた
  • 息子の曹丕が、盗掘されてないように、当初建設した部分を破壊するなど留意したとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております