中朝会談 2176万円の茅台酒振る舞い17億円のおみやげも

中朝会談 2176万円の茅台酒振る舞い17億円のおみやげも

隣国から17億円ものお土産を受け取った(朝鮮通信=時事)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が訪中した際、中国の習近平国家主席主催の晩さん会で、1本128万元(約2176万円)もの最高級の茅台(マオタイ)酒が振る舞われていたことが明らかになった。ネット上では、「中国民の血税の無駄遣い」や「習主席は贅沢禁止令を出しているのに、何たる贅沢。国民との約束破りだ」などとの激しい批判の声が出ている。米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 晩さん会は3月26日、両国の首脳会談の後、北京の人民大会堂で行われた。この模様を報じた北朝鮮の朝鮮中央通信の写真には、金氏と習氏が小さなコップで乾杯している場面が映し出されており、2人の後ろには両手に2本の茅台酒の瓶を持った黒の燕尾服姿の男性の接待要員が控えている。

 この茅台酒は1960~80年代産の限定版ブランド「矮嘴(ウェイズェイ)」と見られている。今は生産されておらず、在庫もほとんどないことから、オンライン・ショッピングモールでは1本128万元の値段がついている。小さいコップ一杯分が10mlとしても、それだけで40万円もする代物だ。

 北朝鮮のテレビが放送した金氏の訪中に関する長編ドキュメンタリーニュースによると、双方のプレゼント交換の紹介場面で、中国側からの土産として、この最高級茅台酒6本のほか、他の高級な茅台酒多数がテーブル上に置かれている。さらに、国連安保理の対北制裁などで手に入りにくくなった高級ウイスキーや高級ブランドたばこ、時計など高級外国ブランド品も中国側から金氏一行へのプレゼントとしてリストに載っていた。

 高級茅台酒「矮嘴」だけでも1億3000万円にのぼるが、それ以外のブランド品を含めると、「全部で1000万元(約17億円)との試算もある」と香港メディアは報じている。

 なお、スイス留学体験もあり、飛行機には慣れているはずの金氏ら一行が父親で高所恐怖症といわれる金正日総書記と同じく21輌もの専用列車で北京にやってきたのは、中国からの大量のプレゼントを積んで持って帰るためとの憶測も出ている。飛行機では重量オーバーする可能性があるためというわけだ。

 習氏といえば、汚職撲滅を目的とした反腐敗運動で、高級品のプレゼントや過度の接待を禁止し、中国共産党員に贅沢禁止令を命じていることで知られることから、湖南省の弁護士の陳以軒氏が、中朝首脳間の晩餐の費用と内訳の公開を求める申し入れ書を国務院に提出したほどだ。このほか、習氏を批判するネット上の書き込みが直ちに削除されたように、陳氏の申し入れ書も無視されるとみられるが、習氏のイメージの悪化に通じることは確実とみられる。

 これについて、『習近平の正体』の著者で、中国事情に詳しいジャーナリストの相馬勝氏はこう指摘する。

「北朝鮮の金委員長と韓国の文在寅大統領の南北首脳会談やトランプ大統領との米朝首脳会談が決まるなか、北朝鮮に大きな影響力を持つといわれてきた中国の最高首脳として、習氏は『1人蚊帳の外』との疎外感を強く感じてきたのかもしれません。

 それが今回の中朝会談で、再び北朝鮮をめぐる対外外交で大きな影響力と持つことになったわけで、その代償として1本2100万円もの茅台酒6本を含めたプレゼント代金が17億円になっても、それほど高くないと感じているのではないでしょうか」

関連記事(外部サイト)