中国の中学校生徒21人が通り魔被害、犯人は復讐目的の卒業生

中国の中学校生徒21人が通り魔被害、犯人は復讐目的の卒業生

通り魔犯の目的は何だった?

 中国陝西省の中学校で、4月下旬夕方、下校中の中学生がナイフで襲われる通り魔事件が起き、男子生徒2人と女子生徒7人の計9人が出血多量などで死亡し、12人が重軽傷を負った。犯人は同じ中学校の卒業生で、28歳の男だった。

 犯行の動機について、男は警察の取り調べで「中学生時代にいじめられたことへの恨みで、同じ中学校の生徒を殺害することで恨みを晴らそうと思った」と供述していることが分かった。

 中国では「一人っ子政策」が2016年に廃止されたばかりだが、甘やかされて育った一人っ子が成人後、問題を起こす事件がこのところ多発している。中国国営新華社電などが報じたところでは、犯人の男は1990年生まれで、「趙」という姓しか明らかにされていない。

 趙は4月27日午後6時ごろ、出身校の陝西省米脂県第3中学校の校門近くの通学路で待ち伏せ。通りかかった下校途中の中学生を持っていたナイフで次々に切りつけた。ちょうど学校では中学3年生に対し高校受験のための補習授業をしており、被害者の大半は補修授業の受講者だったという。

 現場は襲われた生徒らの叫び声などで阿鼻叫喚となり、あまりの叫び声に近所の住民が道路に出て現場を目撃。すぐに警察に通報したが、警官隊が到着するまで30分以上かかっており、21人が死傷する大事件になった。

 県政府では警察の対応が遅かったことも、多数の死傷者を出す原因になったとみて、警察署長ら幹部から事情を聞いているという。

 中国では近年、若い男による小中学生を狙った事件が多発している。2016年には同じ陝西省で、若い男が小学校の外で7人の小学生と2人の通行人にナイフで斬りつけて、負傷させる事件が起こっている。また、同年2月にも南省海口市の小学校内で刃物を持った男が児童らを襲い、児童10人が死傷。

 2017年6月には江蘇省徐州市の幼稚園で、22歳の男が手製の爆弾を園内に投げつけて爆発させ、8人が死亡し65人が負傷する事件が起きている。犯人の男は現場で自殺したという。

関連記事(外部サイト)