台湾のIT大臣、タン氏 天才には「未来が見え」世界を救う

台湾のIT大臣、タン氏 天才には「未来が見え」世界を救う

コロナ禍での活躍で一躍有名になった台湾のオードリー・タンIT担当相(写真/AFLO)

 世界に先駆けて、新型コロナウイルスの感染拡大を初期段階で封じ込めた台湾。その陰には、1人の「天才」がいた。IT担当大臣を務めるオードリー・タン氏(39才)だ。身上書の性別欄に「無」と書いたことでも知られる。

 マスク不足に対応するため、販売店ごとのマスクの在庫がリアルタイムでわかるアプリを緊急開発。さらに、マスク購入の際にICチップを内蔵した保険証を提示するシステムを導入し、購入履歴をもとに過剰な買い占めを防ぐことに成功した。タン氏の活躍で、台湾のマスク不足問題は沈静化した。

「タン氏は知能指数(IQ)が180を超えるといわれ、幼い頃から天才と称されてきました。“中学校中退”という異色の経歴を持ちながら、米IT大手・アップル社のデジタル顧問を経て、IT担当大臣となった。台湾史上最年少の35才で入閣を果たし、いまでは“台湾の希望”と呼ばれています」(国際ジャーナリスト)

 歴史を遡れば、大きな危機に直面した世界を救ってきたのは、いつも「天才」たちだった。例えばコレラや天然痘、ペストなどの感染症の危機から人類を救ったのは、天然痘のワクチンを開発したエドワード・ジェンナーや細菌学を確立したルイ・パスツール、“日本の細菌学の父”と呼ばれる北里柴三郎ら偉人たちだ。

 才能教育の第一人者で、関西大学教授の松村暢隆さんは、「天才」を次のように定義する。

「天才の定義は難しく、IQが高いだけでは天才とは呼べません。エジソンやアインシュタインのように、IQが高いだけでなく偉大な業績を上げた人を指すと考えています。

 天才は、その時代に必要とされるほんの一握りの存在といえるのではないでしょうか。その時代において革新を起こせる、環境や運にも恵まれる必要があります。ビル・ゲイツも100年前なら才能を発揮できなかったかもしれない。その時代、その国に、世の中を救ってくれる天才がいることは幸せなことでしょう」

 コロナ禍のこの時代、人類を救うべく必要とされる天才は、必ずどこかにいるはずだ。そんな天才たちも時代とともに飛躍的に“進歩”している。世界に目を向ければ、常識を超えた“ありえない天才”が活躍していた。

◆天才には“未来が見えている”

 改めて、オードリー・タン氏の半生を追ってみよう。タン氏は1981年、メディアで働く両親のもとに生まれた。自由な教育方針でのびのびと育ち、幼い頃から父の書棚にある数学や哲学の本を読み漁っていたという。

 小学校入学後、類いまれな知性は隠しきれるものではなく、IQを測定する知能テストでは、そのとき使われた測定法の限界値の160を超えたという。タン氏が紹介される際「IQ180」とよくいわれるが、それはあくまで推測値。本人は、自分のIQが話題になると「私の身長(180cm)とIQを混同していませんか」とジョークにしている。

 そんなユーモアも持つタン氏だが、学校生活は苦痛な日々だったという。

「学業では常にトップで、あまりに聡明すぎたため、同級生から敵視されることが多かったそうです。教育熱心な家庭の多い台湾では、子供たちの間で常に激しい学力競争がある。いつもトップの成績だったタン氏は“あなたが死ねば、私は1番になれるのに”と同級生に言われたこともあったそうです。

 そうしたことが重なり、14才で中学校中退を決意。ですが、学校を離れたことで気づいたのは“学校で得られる知識は、インターネットで知り得ることに比べて10年は遅れている”というものだったそうです」(前出・国際ジャーナリスト)

 学校で学ぶものはない──。そんな結論にたどり着いたタン氏は16才でコンピューター会社の経営に携わり、社会へと足を踏み出した。そのわずか3年後には、19才で米シリコンバレーにIT企業を創業した。

「起業後もその活躍はめざましく、米アップル社のデジタル顧問など、数々の役職を歴任しました。当時アップルと結んだ契約は『時給=1ビットコイン(仮想通貨)』というもの。そのころ、1ビットコインは日本円で5万〜6万円でしたが、現在は100万円以上に高騰しています。それを予測した上での契約だったのでしょう」(台湾在住ジャーナリスト)

 まさに「先見の明」によって、相当な資産を手に入れたタン氏。しかし2014年、33才の若さで早々にビジネスの世界を引退し、2年後には蔡英文政権に招かれてIT担当大臣に就任した。そしていま、台湾の政治において欠かせない存在となっている。

 天才と呼ばれる人に総じていえるのは、タン氏のような“先を読む力”に長けていることだろう。

 マイクロソフトを創業したビル・ゲイツ氏(64才)は2015年、世界が直面する出来事の中で、最も多くの死者を出す恐れのあるものは戦争ではなく、感染症のパンデミックだと警告。5年以上前から感染症対策の研究に何億ドルもの資産を投じてきた。

 将来のパンデミックを予言した天才はほかにもいる。フランスの経済学者、ジャック・アタリ氏(76才)だ。

 フランス随一のエリート校・フランス国立行政学院を卒業後、38才で故フランソワ・ミッテラン大統領の補佐官に就任した。欧州復興開発銀行の初代総裁などさまざまな要職を歴任し、“知の巨人”と称されている。

 アタリ氏が天才と呼ばれるのは、ソ連の崩壊やリーマン・ショック、テロの脅威の増大などの予測を次々に的中させたからだ。2016年の米大統領選挙では、ドナルド・トランプ米大統領の勝利も予測した。

「アタリ氏は著書の中で“グローバリズムの拡大で人の往来が活発化し、大規模なパンデミックが引き起こされる”と、感染症パニックを早くから予言していました。天才と呼ばれる人々には“未来が見えている”のかもしれません」(経済評論家)

※女性セブン2020年6月25日号

関連記事(外部サイト)