『風と共に去りぬ』配信停止 BLM運動でハリウッドが敏感に

『風と共に去りぬ』配信停止 BLM運動でハリウッドが敏感に

差別は根強く残っている(時事通信フォト)

 米ミネソタ州で起こった白人警官による黒人男性暴行死事件に端を発する「Black Lives Matter」運動(以下、BLM運動)は、全米のみならず全世界に拡大している。

 この動きはエンターテインメント業界にも波及した。米大手動画配信サービスの「HBO Max」が映画『風と共に去りぬ』の配信を一時停止したのだ。

 同作はマーガレット・ミッチェルの小説が原作で、南部の裕福な農園の娘であるスカーレット・オハラがヒロイン。アカデミー賞で作品賞、監督賞(ヴィクター・フレミング)、主演女優賞(ヴィヴィアン・リー)など多くの部門を受賞した名作として知られるだけに、世界から驚きをもって迎えられた。在米ジャーナリストの高濱賛氏がいう。

「この映画は1939年の上映当時も黒人層から激しい批判を浴びました。ストーリーそのものではなく、作品に出てくる黒人が差別や奴隷並みの扱いを受け入れ、あたかも『ハッピーな存在』であるかのように描かれていることが史実に反するとの批判でした。今回、配信停止となった理由も同様のものです。

 当時のハリウッドは白人の力が強く、黒人の抗議は退けられてしまったが、今回のBLM運動でそれが再燃したかたちです」

 この作品では、オハラ家に使える乳母を演じたハティ・マクダニエルがアフリカ系アメリカ人女優として初めて助演女優賞を受賞した。しかし、授賞式の会場ホテルが「黒人お断わり」だったために、共演者たちと同じテーブルに座ることを許されなかった。そのような時代の作品だけに、現在との乖離は大きい。

 ハリウッドでは近年になっても「差別」の問題が大きく取り上げられてきた。

 昨年(2019年)のアカデミー賞作品賞を受賞した『グリーンブック』(ピーター・ファレリー監督)は、黒人クラシック・ピアニストを車に乗せて、イタリア系アメリカ人の運転手が1960年代のアメリカ南部を運転して回るロード・ムービー。2人は旅の途中で起こる様々なトラブルによって人種の壁を乗り越え、友情を育んでいくのだが、この作品についても「白人が善玉になっている」「白人が黒人の救世主のように描かれている」と批判が起こった。前出・高濱氏がいう。

「現在、ハリウッドは世論に極めて敏感になっている。『史実に反する』『差別的だ』と批判されうる作品の製作はより難しくなっていくでしょう。配信についても同様で、過去の名作の冒頭に『注意事項』を掲げる案も検討されているようです。

 私の知人のアメリカ人高校教師は“『風と共に去りぬ』が問題視されるなら、他の名作も同じことになりかねない。マーク・トウェインの『トム・ソーヤーの冒険』など一連の作品は、黒人差別を痛烈に批判している。しかし『ステレオタイプに黒人が描かれている』と指摘されれば、それらを原作とした映画も十分ターゲットになり得る“と懸念していました」

『風と共に去りぬ』以外にも、すでに番組の放送・配信中止が起きている。パラマウント・ネットワークは人種差別的表現を問題視してリアリティ番組『COPS』の放送を取りやめた。まだまだ余波は広がりそうだ。

関連記事(外部サイト)