インドのコロナ深刻化は「民主主義の弱点」 池上彰氏の分析

インドのコロナ深刻化は「民主主義の弱点」 池上彰氏の分析

池上氏が印の感染拡大を分析

インドのコロナ深刻化は「民主主義の弱点」 池上彰氏の分析

インドの発展を池上氏はどう考える

 新型コロナウイルスの感染拡大で、世界の景色はすっかり変わった。国により感染者数や死亡者の数にも大きな違いが出ているなかで、ジャーナリストの池上彰氏は「こういう時こそ、その国の民主主義の度合いや日頃の医療体制の優劣がはっきり出てきます」と指摘する。

 * * *
 新型コロナウイルスについて、独裁的な力で都市を封鎖して感染者数を抑え込む中国のような国もあれば、対策が遅れ、貧富の格差から人種によって死亡率に差が出たアメリカのような国もあります。

 中国に関していえば、感染拡大を防ぐためには国民の行動にある程度の規制をかける必要性は理解できても、武漢という、人口規模で東京都に匹敵する大都市をいきなり封鎖してしまうという手法には嫌悪感を抱く人も多いことでしょう。

 その中国と何かにつけて比較されるのがインドです。私が6月30日に上梓した『池上彰の世界の見方 インド』で詳述していますが、13億人をはるかに超える人口を抱えたインドは、人口増加率を見ると10年以内に中国を追い抜く勢いです。しかし、感染防止の観点からいうと、中国より立ち遅れ、感染者数は爆発的に増えてしまいました。

 インドは「世界最大の民主主義国」と言われます。しかしそれゆえに中国のような強権的な手法はとれませんでした。今、感染拡大対策が後手に回ったのではないかと批判されています。これは民主主義の弱点かも知れません。だからといって中国を見習え、とはならないでしょう。民主主義とは何か。考え込んだ人もいるのではないでしょうか。

 それと共に明らかになったのは、インドの貧富の差です。今回は、人口が密集しているスラム街で感染者が拡大しています。衛生状態も、けっして良好とはいえないインドの弱点が露呈しました。

 インドでは家にトイレがなかったり、学校に女子トイレがなかったりという状態が続いてきました。2015年にユニセフが行った調査では、13億を優に超えるインドの人口のうち、5億人以上が田畑など野外で用を足していました。そこでインドのモディ政権は2014年に「野外排せつゼロ宣言」を行って5年がかりでトイレの設置を進めます。2019年にはトイレ普及運動の達成を宣言しました。ただ、一定の成果はもちろんあったと思いますが、専門家からは、まだ数百万人単位の人々がトイレなしで生活していることや、古くからの習慣のせいで新しく設置されたトイレが使用されていないことなどが指摘されています。こういう背景もコロナウイルス感染拡大の一因になったと思われます。

 インドといえば「カースト制度」を思い浮かべる方もいるでしょう。カースト制度についての詳しい内容は、前出の『池上彰の世界の見方 インド』を読んでいただくとして、実はカースト制度は感染症と関係があるという説があることを、知りました。

 新型コロナウイルスの感染に見られるように、過去にも人類は数々の感染症と戦ってきました。感染拡大を防止するには、他人との距離をとること。いわゆる「ソーシャル・ディスタンス」(社会的距離)を保つ必要がありますが、過去にも感染症が広がった時には距離をとってきました。これが、「異なる集団とは別々の生活をする」という習慣に発展していったというのです。

 感染症の原因が不明だった時代には、そういった行動で感染を防いでいたのなら、それはそれで人々の知恵だったのか知れません。

 また今回のコロナ禍は、新たな宗教紛争をもたらしています。感染拡大が始まった初期にイスラム教徒たちがモスクで集団礼拝をしていたことで感染が拡大したのではないかと、ヒンドゥー教徒たちが不満を持っているのです。

 インドというとヒンドゥー教徒の国というイメージを持っている人も多いでしょうが、実はイスラム教徒も多数暮らしています。前述のモディ首相はヒンドゥー教徒。ヒンドゥー教徒優先政策を採用したことで、国内でさまざまな社会的摩擦を生んでいます。とりわけ未知のウイルスの感染拡大が続くと、人々は不安に陥ります。こういうときに日頃の差別意識が表面化しやすいのです。

 インドが抱えるさまざまな矛盾が一気に噴き出したコロナ禍ですが、とはいえ、これでインドという国の勢いが削がれてしまうわけではありません。インドは、とてつもないパワーを備えた国だからです。ひとつには人口の多いこと。「人口は力なり」です。人口で中国を追い抜くインドは有利です。「21世紀はインドの世紀」となる可能性が高いのです。

 そして、少しでも豊かな生活を送りたいというハングリー精神。インド人と話をしていると、そのアグレッシブさに戸惑うこともありますが、だからこそインドは発展すると思うのです。そんなインドについて、今後も注目していきましょう。

【プロフィール】いけがみ・あきら(ジャーナリスト)/1950年長野生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年にNHK入局。報道局社会部記者などを経て、1994年4月から11年間にわたり『週刊こどもニュース』のお父さん役を務め、わかりやすい解説で人気を集める。2005年にNHKを退職し、フリージャーナリストに。名城大学教授、東京工業大学特命教授。愛知学院大学、立教大学、信州大学、日本大学、順天堂大学、東京大学、関西学院大学などでも講義する。主な著書に『伝える力』『知らないと恥をかく世界の大問題』など。近著に『池上彰の世界の見方 インド』『池上彰のまんがでわかる現代史 東アジア』がある。

関連記事(外部サイト)