【アメリカ発】コロナワクチン開発を狙うロシアのスパイ

【アメリカ発】コロナワクチン開発を狙うロシアのスパイ

プーチン大統領自身、諜報機関の出身(SPUTNIK/時事通信フォト)

 コロナとの戦いは世界共通でも、その開発現場では国家同士の激しい戦いや情報戦が繰り広げられている。幅広いメディアで経験豊富なジャーナリストであり、中東、ヨーロッパ、ロシアなどにわたる国際情勢に詳しいMichael Curtis氏がリポートする。

 * * *
 2020年7月17日、クレムリン当局は声明を発表した。
 「誰がイギリスの製薬会社や研究機関をハッキングしたかについては情報がない。ロシアは全く関係ない」

 しかし、各国の当局は以前から「ロシアのスパイ」に注意を向けており、イギリス国家サイバーセキュリティセンターはその前日の声明で、ロシアの諜報機関の一部として活動しているクレムリン関連グループが、コロナワクチンの開発と試験に関する研究を盗もうとしていると述べていた。

 現在のロシアの諜報活動はワクチン開発に集中しているかもしれないが、近年、イギリスやその他の国々では多岐にわたる活動が取り沙汰されてきた。2017年の総選挙の日にイギリスのエネルギー網を混乱させようとし、2019年の選挙期間中には情報リークを画策、国民健康保険サービスが売却されるという虚偽の情報が選挙戦でも言及されて混乱を招いたことなどもロシアの関与が指摘されている。他の国でも、アメリカの大統領選挙、フランス総選挙、ノルウェー政局、世界反ドーピング機関など国際機関の活動などがロシアの諜報機関から標的にされたとされる。

 ロシアのスパイは偽情報を拡散させる技術に長けているとされる。一部の軍事情報機関が虚偽の記事を特にソーシャルネットワークに流してからFacebook上で増幅し、当事者間の紛争を誘発し、広範な中傷キャンペーンを展開するといった手口である。ロシアの関与が疑われた偽情報の内容が仮に「事実」だとすれば、ドイツのメルケル首相はアルコール依存症であり、アメリカはアゼルバイジャンで暴動を起こそうとしていたし、アメリカはコロナ以外にも様々な病気を引き起こした責任があり、ビル・クリントンはサウジアラビアに仕送りをしていたうえ、フランスのマクロン大統領はヨーロッパへの移民を歓迎し、イギリスの反ブレグジット運動の指導者たちはジョンソン首相の暗殺を計画していた――ことになる。

 ゲームは進行中だ。ロシアは2020年7月16日、新型コロナの実験用ワクチンを2億人分製造する方針を発表したが、同時に欧米の情報が盗まれたのではないかという疑いが浮上した。欧米のワクチン開発は活発だ。オックスフォード大学では、ジェンナー研究所とワクチン・グループの2つのグループが製薬会社アストラ・ゼネカと協力している。また、ロンドンのインペリアル・カレッジでは、試験的なワクチンがすでに治験に入っている。アメリカでも複数のワクチン開発が進んでいる。

 各種報道によれば、コロナワクチン開発に取り組んでいる製薬会社や研究グループがハッキングの標的になっており、ロシアが支援するハッカー集団の関与が取り沙汰されている。最近発表されたロシアのスパイ活動に関する報告書によれば、2020年を通じてロシアの諜報機関はコロナワクチンの開発と試験に関連する情報や知的財産を盗むために、カナダ、イギリス、アメリカで様々な組織をサイバー攻撃の標的にしていたことは間違いないという。

 ワクチン開発競争は急速に進んでいる。最初に開発した国は、商業的利益だけでなく、接種の優先権と世界の称賛を得ることも間違いない。残念なことに、この重要な知的・科学的活動は、ロシアの諜報活動ほどには世界的規模の共同作業になっていないのだ。

(この記事は「American Thinker」の許諾のもと同サイトの記事を翻訳・要約したものです)
American Thinker :月間ユニークユーザー300万人を誇るアメリカの保守系ニュースサイト。各界の専門家やジャーナリスト・作家の寄稿を中心とし、エリート層の読者が多いことで知られる。

関連記事(外部サイト)