【アメリカ発】中国も民主党も科学を政治に利用するな

【アメリカ発】中国も民主党も科学を政治に利用するな

中国では政治と科学は表裏一体(Avalon/時事通信フォト)

 アメリカのコロナ対策を主導する疾病予防管理センター(CDC)が迷走している。その姿勢が民主党寄りだと批判されると、今度は「濃厚接触者でもPCR検査は不要だ」と、経済復興を優先したいトランプ大統領を援護射撃するような新基準を発表して混乱を招いた。保守派の論客として各種コラムで活躍するJames D. Best氏は、CDCは民主党寄りであるという立場から警鐘を鳴らす。

 * * *
 政府は宗教、芸術、科学に属するものではない。しかし、残念ながら権力者はこれら領域を支配し、利用しようとする。一般的に、独裁者は宗教を抑圧し、芸術を利用し、科学を支配しようとする傾向がある。

 中国科学院(CAS) は、中国における科学全般に関する研究や相互連携の中心である。CASは、アメリカおよびその他の地域における科学研究に資金を提供している。6万人以上の研究者を直接雇用し、100以上の機関で構成されている。中国共産党はCASに対し、自由な資金運用を許可し、CASは30社以上の株式を保有している。一例だが、CASは世界の3大パソコンメーカーのひとつであるLenovoの筆頭株主だ。

 もっとも、CASが本当に共産党から独立しているわけではない。対外的にはそうアピールしているが、実際には理事会のメンバーには党幹部が就いている。ネイチャー誌が「70年目の中国科学院」と題した社説に掲載したCASの広報責任者からの回答文は、非常に示唆的なものだった。

《CASは、ご想像のとおり、政府から独立して運営されているわけではない。CASの確立と発展は、すべて中央政府の知恵と支援に基づいている。

 CASは経済的自立性を求めたことも達成したこともない。過去40年間で、その収入の半分は中央政府からの直接投資であり、その資金と政府の支援なしには発展できなかった。

 CASは、政府とも国民とも強固な関係を築いており、中国の内政に関する偏った考えや、政治的・イデオロギー的立場で我々の活動を評価することに強く反対する。》

 中国では文化大革命の時代に、「拷問は日常茶飯事であり、CASの記録によると、この期間に229人の科学者が殺されたり、自殺したりした」(ネイチャー)という。

 これは遠い国の話と言えるだろうか。アメリカは本当に大丈夫だろうか。私たちの国では、科学研究機関を一つの政府組織の下に束ねるということはしないだろう。しかし現在、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)に関して、政治との結びつきが指摘されている。

 この問題は中国より複雑だ。中国では政党と政府は一体だが、アメリカは二大政党制である。理論的には、政府から資金を受けている組織である以上、その統制は選挙によって変わるはずだ。しかし、実際には組織内部の影の支配が存在する。2015年以降、CDCの職員による約8000の政治献金のうち、5件を除くすべてが民主党や左派団体に対するものだったという。CDCにおける圧倒的な民主党支持は、たまたまそうなったものだろうか。オバマ政権当時、CDCの人事政策によって民主党を支持する幹部が選別された疑いがある。

 民衆党の副大統領候補であるカマラ・ハリス氏は、党大会で「コロナ対策を主導するのは公衆衛生当局でなければならない」と述べたが、民主党はしばしば、政策の客観性を印象づけるために外部組織を使う。実際には、それらは党によってコントルールされ、党の主張を代弁する役割を果たす。もしハリス氏が公衆衛生当局を完全に自由にさせるつもりだったなら、上記のような発言をするだろうか。

 科学と政治は正反対のものだ。科学では、自らの仮説を証明しなければならないだけでなく、第三者が実験を再現して同じ結果を達成できなければ正しいとは認められない。科学は合理的で客観的で規則に従ったものだが、政治はそうしたものの対極にある。そして、政治家はこの分野に干渉するのが大好きだ。

 民主党がホワイトハウスと議会を掌握すれば、科学機関が中国モデルを受け入れることになるのではないか。民主党は科学をコントロールし、広報手段として利用したいと考えてはいないか。科学が政治家の手先になることを許すわけにはいかない。

(この記事は「American Thinker」の許諾のもと同サイトの記事を翻訳・要約したものです)
American Thinker :月間ユニークユーザー300万人を誇るアメリカの保守系ニュースサイト。各界の専門家やジャーナリスト・作家の寄稿を中心とし、エリート層の読者が多いことで知られる。

関連記事(外部サイト)